こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

少し前から私の食生活についてぼちぼちお伝えしていますが、
今回は数年間実践している半日断食について書こうと思います。

半日断食で身体が軽い。午前中は何も食べない、そのメリットとは。【私の食生活】


私は健康と美容の観点から、数年前から
「午前中は何も食べない」という事を実践しています。

つまり、半日断食ですね。

これは、普段の生活の中でできるだけこころがけているだけで、
友達と旅行に行ったりしたら普通に宿の朝食は頂きますし、

スケジュールの都合で午前中に何か食べなければいけない場合は
仕方ないので食べることもあります。
(でも消化に良い果物などにしてます)


世間一般では、「朝食をしっかり食べることが大切」と言われていますが、
私が実践しているナチュラルハイジーンという健康法では、
人間の身体は一日のうちに3つの周期に分けられます。

・午前4時~正午 排泄の時間
・正午~午後8
 摂取と消化の時間
・午後8時~午前4時
 吸収と利用の時間


という風にです。

このサイクルにそって食べ物をとることで、
身体の健康と美容を維持できると考えられています。

 
午前4時から正午までは、身体の排泄の力が高まる時間帯なので
何かを食べてその消化にエネルギーを使うのではなく、
何も食べずに身体が持っているエネルギーを
排泄(身体の中にある悪いものを出す)に集中させる方が良いので

午前中は何も食べない、
又は食べたとしても消化の早い果物のみを食べる、というのが
身体にとってベストだという事になります。



私はこの考え方に納得しているので、
午前中はできるだけ食べないようにしています。

もちろん、この考え方に出会うまでは
私も「一日三食しっかり食べるのが健康」
と思って朝からしっかりと食べていました。

なので、いきなり朝食抜きはハードルが高かったので
果物を朝食にするところからはじめました。


それでも最初は普通に果物を食べるだけでは物足りなく感じていましたから
かなりの量の果物を食べていましたし、
それでも10時頃にお腹が空いたらまた果物を追加で食べる、
なんて事もしていました。

そうこうしているうちに、だんだん面倒くさくなってきて(笑)
果物を食べる回数や量が減ってきて、朝は何も食べなくても平気になったのです。


朝食べないなんてもたない!と思われがちですが、
もともと朝って食欲ない時の方が多くないですか?

それは、身体がその時間帯に食べ物を欲していないからなんです。

そんな時に「時間だから」と無理に食べても
身体が他に使いたいエネルギーを消化に使うことになって
活動がしにくくなってしまいます。


私は今では、朝に果物以外のものを食べると胃腸や身体が重く感じます。

午前中に何も食べないことで排泄も促進されますし、
(おトイレの意味でも。これ、意外かもしれませんが本当です)

何よりも身体が軽いし頭がクリアでアクティブに動けるんですよね。

「朝、食欲がないのに無理に食べている」「朝活動的に動けない」という方は
思い切って朝食を抜いてみるか果物だけに変えてみるといいと思います。


ちなみに、身体の中にある悪いものを排出しやすくなるという点と、
一日の総摂取カロリーが抑えられるという点から
朝食抜き、又は朝食を果物だけにするのはダイエットにも効果的です。

少し前に朝バナナダイエットが流行りましたが、
あれはこの理論から来ているようですね。

朝食を抜く半日断食、又は果物のみにするのは
非常におすすめですよ^^

持病などがある方はきちんとナチュラルハイジーンの
本を読んで正しい知識を把握した上で、医師の指導のもと行ってください

以上、
半日断食を続けて数年経過。午前中は何も食べない、そのメリットとは。【私の食生活】
でした。