こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

立ち居振る舞いとマナーって、女性には特に大切だと私は思っています。
なぜなら、きちんとできていればそれだけで美人に見える!
非常にお得だからです^^

そこで今回と次回は、誰でも美人度を5割増しにできる、
立ち居振る舞いとマナーで見直すべき簡単にできる改善ポイントを
挙げていこうと思います^^

簡単に美人度5割増し!立ち居振る舞い&マナーが女性を美しくする


女子力をアップする方法は世の中にたくさんあります。
ファッションだったり、情報収集だったり、気分をアゲたり。

ですが、いろんな情報がある中で、意外と忘れがちなこと。
女性として、人として基本中の基本。
それは、


立ち居振る舞いと、マナーです。


私はマナーに詳しいわけではないですが、
できるだけ女性として人として、見苦しさがないように努めようとしています。
すぐに上手くいくものではないので、反省の毎日なのですが・・・。


でも色んな本を読んだりして、
立ち居振る舞いやマナーについて気をつけようと意識していると、
周りの人の立ち居振る舞いにも目がいってしまうもの。


いくら、ハイセンスなファッションとメイクで身を固めている美人さんでも、
おしゃれなお店やカフェにいても、
立ち居振る舞いやマナーがきちんとしていなければ、むしろ格好悪く見えてしまいます。

自分では気にしていないけど、周りからはだらしなく見えてしまうことってけっこうあるものです。


そこで、今回と次回では特に私が気をつけている立ち居振る舞いやマナー、
私から見て「改善すればもっと素敵なのに」と思うことを挙げていこうと思います。

・公共の場での化粧

これは、電車やバスだけでなく、食事をする場所や休憩所なども含みます。
意外と多いですよね、これをやる人。


他人に迷惑かけてない、と思っているのでしょうが、見た目が迷惑だと思います。
男性が、電車の中でヒゲを剃っているようなものです。
あぶらとり紙を使うのも同じで、美しくないです。
せっかくオシャレしてメイクも気合い入れてルックスを良く見せようとしているのに、逆効果です。
外出先でメイクをする場合は、トイレやパウダールームでするようにしています。

何かの本か雑誌で読んだことがあるのですが、
独特の美しさがあるフランスの女性に「電車の中でお化粧する?」と聞いたら
「絶対しないわ。だって、どこで出会いがあるか分からないもの」
という答えがかえってきたとか。
さすがはフランス女性。
この心意気を私も大事にしたい。

・歩きタバコ

私はタバコを吸わないですし、嫌いです。
ただ、タバコを吸う人と吸わない人の権利は、同じように守られるべきだと思っています。


歩きながらタバコを吸われると、当然ながら後ろを歩く人は煙を吸ってしまいます。
これは、あってはならない事だと思うので、吸いたい人は喫煙所の中で吸ってください。
マナーさえ守って、吸わない人に迷惑をかけなければ、吸うのは個人の自由です。
私は歩きタバコを下品と思う派です。
吸う人は是非、マナーを守ってカッコいい姿で吸ってほしいです。

・立っているとき片足重心になる、又は壁などに寄りかかる

立ち姿って、普通にキレイに見せるのって結構大変ですよね。
でも、そこをちゃんとするだけで他の人よりも目だって、いい印象を与えられます。
私も出来るだけ意識していますが、いつも出来ている訳ではないので修行中です。

でも姿勢を良くしようと意識していると、周りから「姿勢いいよね」とすぐ反応があります。
片足重心や寄りかかるのをやめるだけでだらしない印象はなくなります。
意外と皆気にしていない部分なので、ちょっと意識するだけでキレイを印象づけられるのです。
さらに、姿勢をよくしようとすると筋肉を使うので(だから辛いんですが)、
ゆるやかなシェイプアップ効果も期待できて一石二鳥です。


・座っている時に猫背、脚を開いて座る

これも立っている時と同じですが、背筋をのばしてお腹をひっこめるようにして、
膝と膝をつけて力を入れるようにするのが、シェイプアップ効果もあるのでベストです。
とはいえ、座る時に必ずこの姿勢、というのはなかなか大変です。
私は最低限お腹をひっこめて、膝と膝を出来るだけつける、というのを心がけています。


最近は、電車に乗っていても膝と膝をつけている女性をあまり見なくなりました。
だからこそ、たまに見かけるとすごくステキに見えるし、そういう人はたいてい
背筋も伸びていて、キレイでオシャレで、いい雰囲気を持っているものです。


膝と膝をつける、というのは意外とできないものですが、それは筋肉が足りないから。
できるだけつけるように心がけていれば、必要な筋肉が育って、辛くなくなります。
スカートをはいている時に脚が開いているなんて、女性として悲しいので、
少しずつ気づいた時に膝をつけるように練習しています。


・だらしなく脚を組む

私はできるだけ脚を組まないように心がけています。
カラダがゆがむ原因になるし、脚を組むよりも膝と膝をつけて座っている姿の方が好きだからです。
でも、人が脚を組むのはアリだと思うので、脚を組むならせっかくなので美しく組みましょう。


組んだ時に、下になっている方の脚を地面に対して垂直にすると、
適当に組んでいるように見えてしまいます。
反対に、下の脚を上になっている脚と同じ方向へ流すようにするとエレガントに見えるし、
上下の脚が一直線に沿うようになってキレイだと思います。
私が思うに、上下の足の間の空間が大きいほど、だらしない印象になるんだと思います。


さらに、上の足のブラブラさせたり、足を上の方向へそらしたりするのもカッコ悪く見えます。
靴をパカパカさせるなんて、言語道断です。
脚を組むのが好きな人は組んでもいいと思いますが、是非カッコよく組んでほしいです。
ただし、カラダがゆがみやすくなるので組む方向を左右交互にするなど、
気をつけるといいと思います。
言うまでもない事ですが、食事の最中に脚を組むのはマナー違反なので要注意です。


この続きは次回の記事でどうぞ^^

以上、
「立ち居振る舞い&マナーを見直そう!【前編】改善するだけで美人度5割増し!」
でした。