こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

なかなか習慣にできない腹八分目。
食べ過ぎない方法は色々ありますが、ストレスがたまらないようにするのが一番。

前回に引き続き、今回も
満腹にしてしまいたくなる理由を分析しつつ、食べ過ぎない方法を考えています。

食べ過ぎない方法を考える。【後編】食べ物、食べ方もシンプルに考えよう。【シンプルライフで健康に】


前回の続きです。

私が腹八分でとめられずに、食べすぎてしまう理由の二つ目は
「食べ物がおいしくて、お腹の具合を考えないまま、
その味が欲しくて食べ続けてしまう」
ということを書きましたが、


でもね、もうこれは意志の力ですよ!

分かっているんですよね。
どんなに美味しいものでも、適量をこえたら美味しいとは感じないって。


「もう少し食べたいなー」と思うところで、勇気を出して、やめる!
とにかく、だまされた!と思って、やめる!

最初は強い意志が必要です、かなり。

もし、難しければ「あと一口」と思っている
その一口の半分だけを食べてやめておく、とか。
それだけでも自分を褒めてあげたいくらいの達成感が味わえます。

一回できたら、次からは結構できるようになります。
身体がその快適な感覚と、その時の達成感を覚えているからです。


私は以前実家にいた頃、食事の時に料理があと2、3口残っている時、
タッパーにうつすのが面倒で満腹でも無理して食べていました。

それが普通だと思っていたんです。

でもある時、父親の帰りが遅くなって
一人で遅い夕食をとっているところをみて、気づいたんです。
父は、その「あと一口」を残しているってことに。


後片付けをするのは私と母なので、
父親はタッパーに入れるのが面倒とかは考えていません。

でも、私はすごい発見をした気分でした。

父に「あと一口なのに残すんだね」と言ってみると、
あと一口でも何でも、すでに腹八分になっているなら当然だ」と返ってきました。
我が父ながら、素晴らしい!!


学生時代から、言い訳しながら満腹以上になるまで食べていた私。

腹八分が出来なかったのは、まわりのせいにしていて、
自分のお腹と相談していなかったから。


今更ながら、父に教えられました(父は教えたなんて思っていませんが)。

それからは、腹八分になって料理が余ったら出来るだけタッパーにうつして
翌日以降に食べるようにしています。
(食べちゃうときもあるけど・・・反省)


こういう風にして何にも悪いことなんてないのに、
今となっては無理して食べていた自分が不思議です。

あと、食べ過ぎない方法として最近実践しているのは沢山作らないこと。
今までは足りなかったらイヤだと思って、多めに作って食べていたんですが、
腹八分をちゃんと意識しはじめてからは
足りなければ、またその時作ればいいと思えるようになりました。

少し少ないかも?と思える量でも、それで全部だと思えば普通に満足できます。
もう一度作ることなんてめったにないです。

ポイントは、きばって量を大きく減らさないこと。
ほんの少し少ないかも?という量にするのがコツです。

これも、うまくいけばかなり自分を褒めてあげたくなります。


「今食べないとあとでお腹すくかも」とか
「今食べないとしばらくこれを食べれないかも」と心配して
目の前にあるものを満腹以上に食べたくなってしまいますが、
今の私たちは、食べるものに困ったりしません。

珍しものだって、ネットでおとりよせ出来るし、行こうと思えばまた食べにいけます。
だから、そんな心配なんて何もしなくていいんですよね。


そんな単純なことにようやく気づいた私です。

なので、これからは腹八分同盟の仲間入りをしたいと思います。
まだまだ見習いなので満腹にしてしまう事もありますが、
食べ過ぎない方法を実践しながら、できる限り精進していきたいです(`・ω・´)

以上、
食べ過ぎない方法を考える。【後編】満腹まで食べないように自分しつけ中。【シンプルライフで健康に】
でした。