こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

最近、食事を一日一度だけにする、「11食」が注目されています。
1
1食なんてムリ!と思いがちですが身体を酷使するアスリートやハードスケジュールの芸能人たちの中にも11食を実践している人がいるんです。

そこで今回は、どんな芸能人・有名人・アスリートが11食を実践しているのか、調べてまとめてみました!

1日1食を実践している人はこんなにいる!その意外な顔ぶれとは。【シンプルライフで健康に】



私も最近は週に4~5日ぐらいの頻度で11食にチャレンジしています。

1
1食の素晴らしい効果は過去記事でも書きましたが、
(過去記事:1日1食の効果がすごい!すぐに始めたくなる10大メリットまとめ。
美容や健康以外にも、お金や時間が節約できるというメリットもあり、
多忙ながらも若々しく、美しさを保ちたい芸能人や、常に頭をクリアにしておきたい有名人、セレブなどの間で最近注目されている健康法なのです。

では早速、11食を実践している人たちをご紹介していきたいと思います。



芸能人・有名人の実践者は以下の通りです。


・福山雅治
意外と知られていませんが、11食実践者だそう。

・西川貴教 (元T.M.Revolution
食事は11食、そしてジム通いでダイエットと美ボディ作りに励んでいるとか。

・未唯mie (タレント、元ピンクレディー)

「ピンク・レディーの殺人スケジュールを乗り切ったのも、今もミニでステージに立てるのも、11食のおかげ」と語っています。

GACKT
「僕は11食しか食べない。だから食べ物には、すごくこだわる」

・ビートたけし
「オイラは11食しか食べないよ。朝は野菜ジュースだけ」

・タモリ
「オレ、11食しか食べない」と公言し、それだけでなく、週に1日以上は断食をしているそう。
13食は食べすぎ」とも断言しています。

・水谷豊
「徹子の部屋」で、黒柳徹子さんから若さの秘訣を訪ねられ、「11食」と答えています。

・千葉真一
「一日一食しか食べない。体を飢餓状態にすることで、抗老化遺伝子と言われるサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、体の細胞を若返らせているんです。」

・京本政樹

「一日一食で若い頃の体型を維持。いつでも美剣士ができる」

・ダコタ・ローズ (タレント、モデル)
「食事にお金を使うのがもったいない」というダコタ・ローズは11食で済ませているそう。
しかも、大好物がキュウリだそうなので比較的ヘルシーな食生活を送っているようです。

※他にもサンプラザ中野さん、ドクター中松さん、玉袋筋太郎さんなどがいます。


有名人ではこんな人達も11食実践者です。

・オバマ元アメリカ大統領

・南雲吉則 (医師)

・三枝成彰 (作曲家)

・ドクター中松 (発明家)



つづいて、アスリートの実践者は以下の通り。

・白鵬(相撲)

・落合博満(野球)

・内村航平 (体操)
回転することが多い体操競技では食べ過ぎてしまうと練習中に気持ちが悪くなる、という理由で夕食だけの11食にしているとか。
それでも力は出るそうです。

・辰吉丈一郎 (ボクサー)
朝は走って夕方はトレーニングをしていても11食で問題ないと語っています。


他にも、11食ではないにせよ、少食、断食などで食事量を減らす習慣を持っているアスリートもこれだけいます。

・為末大(陸上)

・辰吉丈一郎(ボクシング)

・イチロー(野球)

・横峯さくら(ゴルフ)


いかがでしょうか?


食事を減らすと動けなくなる!というのは思い込み。

これだけ多忙な芸能人・有名人やアスリートたちが一日一食で食事を減らすのは、その方が頭が冴えて効率良く動けるから。

興味がある方は、いきなり一日一食は無理かもしれませんが食事量を少しずつ減らすことから始めてみてはいかがでしょうか。

以上、
11食を実践する芸能人・有名人まとめ。意外なあの人も11食だった!【シンプルライフで健康に】」
でした。