こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

今回は、私の好きな服部みれいさんの本をご紹介したいと思います。
「最近煮詰まっている」「生活を変えたい」と思っている方におすすめの一冊です^^

服部みれいさんの「ストロベリー・ジュース・フォーエバー」に気づきをもらう。【おすすめ本】


ストロベリージュース

今回ご紹介したいおすすめ本は
、私が大好きな服部みれいさんの「ストロベリー・ジュース・フォーエバー」。

服部みれいさんは、マーマーマガジンの編集長をされている方で、
ご自身の著作もいくつか出版されているのですが、前にこのブログでも書いた通り、
文章の書き方にみれいさんの温かい人柄があふれていて、初めて読んですぐにファンになってしまいました。
(過去の著書のレビューはこちら→「あたらしい自分になる本」(服部みれい)で新しい自分になるとっかかりを見つけよう。

このストロベリー・ジュース・フォーエバーは、それまでの著作とは違って、生きるヒントになるためのたくさんのフレーズからなっています。

私が特に気に入ったフレーズは、

「なにかが欲しいなら 大切なものを手放そう。
あれもこれも欲しいってそれは欲ばりってもの。
逆に、なにかがなくなったら入ってくる証として安心していて。」

「いいことが起こったら、からだいっぱい喜ぼう!
そして、すぐに忘れて次のことにとりかかるようにして。
いいことに捉われていないことがまたいいことを引き寄せるコツ」

「いちばんいいものを知る。
食べもの、化粧品、お洋服。
まだまだいいものは使えなくてもいちばんいいものを知っておこう。
1年に一度、高級な料理。
5つがまんしてひとつ、高級なマニキュア。
いちばんを知ることは、自分がうるおいはじめる最短の方法なんだ。」


このあたりでしょうか。


何が起こっても、それは自然の結果。

そうどっしりと受け止めていられるような、そんな人間に近づけそうなフレーズばかり。

服部みれいさんというのは、不思議な方で、よくこのようなものの考え方を身につけられたなーと感心してしまいます。

世間で常識、と言われている考え方とは違う方向からものごとを見ている人だ、と感じますね。

世間の常識って時に私たちを縛ったり、苦しいものだったりもしますよね。
そう思った時に使える、もっと自分を大切に、しなやかに生きるためのヒントがこの本にはたくさん詰まっています。

今まで考えてもみなかった新しい考え方を取り入れられる一冊ですよ^^

以上、
【おすすめ本】服部みれいさんの「ストロベリー・ジュース・フォーエバー」にしなやかに生きるヒントをもらう。
でした。