こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

今回は、おすすめダイエット本のご紹介。
かつて、大ベストセラーになった岡田斗司夫さんの「いつまでもデブと思うなよ」です。
出版からかなり年月がたっていますが、今でも使える知恵が満載の良書ですよ^^

ダイエット本のおすすめ。岡田斗司夫氏の「いつまでもデブと思うなよ」が今でも使える!


いつまでもデブと思うなよ

今回のおすすすめ本は岡田斗司夫さんの「いつまでもデブと思うなよ」

説明も必要ないほど有名な岡田斗司夫さんの大ベストセラーです。

岡田さん自身が117キロから67キロへダイエットをしたその経緯と岡田さんがあみだした「レコーディング・ダイエット」のやり方が書かれています。

かなり前にこの本がベストセラーになって、岡田さんがTVでレコーディングダイエットについて
話しているのを何度か見た事がありました。

どういうダイエットかはきちんと知りませんでしたが
「食べたものを書くだけでダイエットできる」ということだけは知っていたので
「そんなにうまくいくのかな?食べたものを全部書くなんて面倒!」と思って何の興味も持っていませんでした。


でも、食べ過ぎの日が続いて「まずいなー、でも止められないなー」と思っていた時、
たまたま本屋で見つけたので読んでみたんです。

すごくすごく面白かった!!


前半の「痩せると得をする」部分はじゅうじゅう承知しているので特に思うところもないのですが、後半のレコーディング・ダイエットのやり方のところは本当に面白くて、一気に読んでしまいました。

レコーディング・ダイエットのやり方と、岡田さんの試行錯誤と痩せていく経緯があわさって面白い読み物になっているし、納得できる内容でした。


「我慢や意志は必要ない」
「カラダの声に耳をすませて食生活をかえていく」
という部分はとても共感できます。

特に、岡田さんが考える、
「カロリー制限は貧しい食生活ではなく、最高に贅沢な食べ方」
「おいしくもないのに惰性で食べ続けて、余分なカロリーを摂るのはまっぴら!」
「ハンバーガーの残りを捨てなくても、それを途上国の子供達に送ることはできない」
など、他にもたくさんの言葉がこれまでの私の助けになってくれました。


私はレコーディング・ダイエットはしていませんが、岡田さんの考え出した方法を少しだけ
拝借して、食べたものを全部書いていた時期がありました。

書いてみると、空腹でもないのに口寂しくて無意識に食べているものが多い!
「これは食べなくてもいいだろー」と一人でつっこみをしてしまいました。


そうやって書いていくと、ムダ食いの多さに気づけるし、それでも食べたくなったときは
岡田さんの言葉を思い出して思いとどまったり、その時必要だと思う分だけ食べるようにしています。

自分で自分に対していましめの言葉を考えたりもしますが、他の人の考え方だと自分とは違う言葉を使ったりするので、新鮮に感じますね。

今までやっていなかった「食べたものを全部書く」と言葉が一緒になると不思議と納得できて、我慢もなく食べ過ぎを防ぐことができています。


レコーディング・ダイエットはカロリー制限をすることで本格的に痩せるようになっていますが、
全てこの通りにしなくても、この本を読むだけでもダイエットへの考え方が変わると思います。

出版からかなりの年月がたっていますが、食べ物を少しずつ減らすモチベーションはいまだにもらえます。
ついつい食べ過ぎてしまう、という人やお菓子がやめられない!という人にはおすすめの一冊ですよ。

以上、
【おすすめダイエット本】「いつまでもデブと思うなよ」が今でも使える!無理なく食べ物を減らせてゲーム感覚でダイエットできる!
でした。

↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン