こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

数回に分けて、私が実践している洋服を買う時の基準についてお伝えしています。
(基本編はこちら→洋服を買う時の基準・基本編!自分を魅力的に見せてくれる服だけを選ぼう。
実践編その1はこちら→洋服を買う時の基準・実践編その1!妥協しがちな色&丈にこだわると美人&スタイル良く見せられる。
実践編その2はこちら→洋服を買う時の基準・実践編その2!丈や縫製、編み方にこだわってスタイル美人に見せよう!

今回でこのシリーズは最終回。
引き続き買い物の際にチェックしたい項目をご紹介する実践編をお送りします。

洋服を買う時の基準・実践編その3!細く見えて着心地の良い服を探そう!【シンプルファッション】


では今回も引き続き、洋服を買う時の基準をお伝えしていこうと思います。


・着たときのシルエット

これはざっくりした感覚なのですが、その服を着てみて全身をみた時にバランスがいいかどうかを見ます。

洋服って、その服によってシルエットというのがありますが、(タイトなものや、ふわっとしたゆるいものなど)自分の体型と相談しつつ、スタイルを良く見せるシルエットを探すべきだと思います。

いくらその服がタイトなラインのものだとしても、タイトすぎて肉が目立って太ってみえてしまったり、自分にとってルーズすぎてだらしなく見えてしまったりするなら、あきらめた方が無難です。

自分の体型にあったタイトさやふわっとしたデザインがあるはずなので、他の人が着ていて良かったとしても、ちゃんと自分で着てチェックする方がいいですね。

あと、これは全ての服にいえますが、着てみて変なところに変なシワが寄る場合は服そのもののカタチが自分の体型にあっていない場合が多いです。

よくあるのは、パンツをはいた時の太ももの付け根部分とか、ワキの部分とか。

既製品なので完璧にカラダに合った服というのは難しいですが、それでもいろんなメーカーのものを試すと、そのうち自分の体型にあったものを見つけられるはずです。

不自然なシワは太ってみえることにもなるので、ダイエットをしたり、お直しに出すのもいいですが、ぜひ自分の体型にあったブラントを見つけておきたいですね。


そして、試着をするときはまず自分のサイズを試すと思いますが、それで納得がいかない場合は一つ大きいものや小さいものも試してみるべきです。

メーカーによってサイズ感は違うので、上のサイズだからとヘコむ必要はありません。
サイズや置いてある見た目にとらわれず、着た時の自分を見て選んでくださいね。


・着心地のよさ

これは素材や縫製にも関わってきますが、着ていてきゅうくつでないか、肌触りが悪くないかをみます。

着心地のよさはあまり重視されない事が多いですが、やっぱり着ていて肌触りが悪かったり、あまりにもきゅうくつに感じるものだと着ていて辛いし、袖を通すことも自然と減ってしまいます。

デザイン重視で選んで、着心地を妥協する場合は、その部分も良く考えてみましょう。


・手持ちの服にあうか

これは皆さん、ちゃんとチェックしますよね。
最低3パターンくらいコーディネートが浮かべば、まず良いと思います。
又は、これから合う服を買う決意があるのなら、それも良いと思います。

反対に、コーディネートが簡単に浮かぶ場合、それは今自分が持っている服と
デザインや色や雰囲気が似ている、ということにもなります。

手持ちの服と雰囲気がダブってしまう場合、せっかく新しい服を買うのに印象が同じになってしまう可能性があるので、それはちょっともったいない。

印象を変えたくないというのなら話は別ですが、少しひねってみてもいいかもしれません。
手持ちの服を思い浮かべて、よーく考えてみましょう。


・着る時のことや、着ていく場所のイメージができるか

この服を着て、どこに行くか?何をするか?
仕事に着ていけるか?などを想像してみます。
どんなにステキな服でも、それを着られないと意味がありません。

かわいい花柄だけど、明るすぎてリゾート地じゃないと着られない、とかおしゃれだけど、自分の仕事場では浮いてしまう、とかかっこいいけど、タイトすぎて街を歩くと少し恥ずかしい、とか。それを着て堂々としていられないと、着心地まで悪く感じてしまいます。

自分に似合って好きな服だったらなおさら、出番があるかどうか最終チェックをしてあげましょう。


さて、全て書いていたらとても長くなってしまいましたが、
これらが私の服選びの具体的なチェックポイントの全てです。

私が試着するときは、これらを踏まえた上で購入するかどうか決めています。
でも、価格を含めて全ての条件を満たす服なんて、なかなかありません。
なので、自分にとってその時優先順位の高い条件から考えて決めていきます。

その作業は、すごく頭を使うので、脳みそが蒸発しそうになります(笑)。
でもそれがうまくいって、運も良くて、自分に似合う好きな服を手に入れるとワクワクします。

そして、自分の基準で選んだ、お気に入りの服を着てほめられたりすると、本当にハッピーになれるんです。
「私の理想に一歩近づいた!まわりにも伝わってる!」って。


今まで書いてきたポイントは、あくまで私の基準ですが服選びで困っている方の参考になればとてもうれしいです。

もちろん、一人一人体型や肌の色、雰囲気やバランスは違います。
どう見られているかを考えたり、まわりにきいてみたりして、自分に似合うものをまずは知っていきましょう。

そして、自分の事もよーく自分にきいてみて、こうなりたいとか、ああなりたいとか、自分の理想、こうでありたい自分をもう一度知りましょう。

最終的に「自分に似合う=自分の理想像」になれる日を目指して自分なりの服選びの基準を作り上げていけば、自然とより素敵な女性になっていくはず。

自分のクローゼットをより良くしたい人は、「手持ちのアイテムではなぜいけないか」と
「理想に近づくにはどうすればいいか」を、考えてみましょう。

まずは、そこから最初の一歩です^^

以上、
洋服を買う時の基準・実践編その3!シルエット、着心地までぬかりなくチェック!【シンプルファッション】
でした。


↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^