こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

これまでに11食の素晴らしい効果や、私が実際に食べているメニューなどをご紹介してきました。
(過去記事:1日1食の効果がすごい!すぐに始めたくなる10大メリットまとめ。
過去記事2:1日1食のメニュー、おすすめパターンと私の場合をご紹介。最初は無理せず好きなものを。

ですが、現在13食食べている人がいきなり11食にするのは身体に負担がかかるし、
挫折しやすいのでおすすめできません。

という訳で今回は、13食から11食に移行するやり方をご紹介していこうと思います。

13食から11食に移行するやり方を伝授!7段階で食べる量を減らしていこう。【シンプルライフで健康に】


11食で健康、美容面で効果を感じた!」という人が最近増えてきており、11食を実践してみよう、と考える人も多いようです。

ですが、13食しっかり食べている人がいきなり11食にすると
それまで溜まっていた身体の中の毒が外に出ようとして、
一時的に体調が悪くなったように感じて、日常生活に支障が出ることも。
(空腹で挫折しやすくもなりますし)

なので、13食食べている人は、いきなり11食にせず、
だんだんと食べる量を減らしていくやり方がベストです。

以下に、13食から11食に無理なく移行していくやり方、手順をご紹介します。

1)13食+間食
多くの人のスタート地点はここからなはず。
1
3食以上食べている人は、13食まで減らしましょう。

2)13食+間食なし
多くの人が意外とできない、次の段階がこれ。
最近はどこに行っても食べ物があふれているので、お腹がすいていないくても
ついつい何かしらを食べたくなってしまいます。
焦って食事を減らすのではなく、まずは間食をなくしましょう。

3)軽い朝食+12
だんだんと朝食を軽くしていきます。
朝食をしっかり食べていた人は、少しずつ量を減らしていきましょう。
朝食を果物「だけ」にするのも効果的です。

4)朝食なし+12
朝食は野菜ジュースや青汁、カフェインなしの飲み物(清涼飲料水はNG)などだけにします。
この時点で半日断食となり、かなり健康、美容面で効果があるはず。
朝食なしは慣れれば快適になりますが、最初のうちは頭がぼーっとしたり、めまいを感じることも。
不調や強い空腹を感じたら黒糖やはちみつなどで糖分をとり、水分も摂取するようにしましょう。
この時点で、残りの2食はできるだけ質の良い、野菜中心のメニューにしておくのがおすすめです。

5)朝食なし+1.5食
朝食なしに慣れてきたら、昼、または夜のどちらかの食事を軽くし、もう一方の食事量はこれまで通りにします。
軽くする、0.5食分の食事は、それまでの食事を徐々に減らしていくのでもいいですし、
定食をざるそばだけにする、サンドイッチだけにする、など少ないものに置き換えてもいいでしょう。
私の経験上、普通の食事で量だけ減らす方がキツく、もともと量が少ないものに置き換える方が諦めがつくので続けやすいです(笑)。

6)朝食なし+1.2食
朝食なし+1.5食に慣れてきたら、いよいよ本格的な11食の実践開始です。
1食は普通に食べてかまいませんが(できるだけ玄米菜食に近づけて)、
残りの0.2食は、途中の「つなぎ」扱いでほんの少しだけ食べます。
食べるものは何でもいいのですが、できるだけ栄養のあるものにすると空腹を感じにくくなるので挫折しにくいです。
人によってはクッキーやビスケットを3枚、チョコレート少々、ナッツ少々、など色々です。
(これら全部ではなく、いずれか一種類ということ)
また、野菜ジュースや青汁、はちみつ入りのハーブティー、豆乳、玄米コーヒーなどを間に飲むことで、空腹感を抑えられ、水分補給もできるのでおすすめです。
(水分は水でもしっかり、多めに摂りましょう)

7)11食+飲み物のみ
上の段階でも11食と呼べるレベルになっていますが、より健康、美容面で効果を感じたければ固形物を食べるのは11回にするのがおすすめ。
私は今、平日はこの食事法を続けています。
上で「つなぎ」として食べていたほんの少しの食べ物も食べず、空腹を感じたら飲み物で補います。
固形物を食べない時間を長くすることで、消化のためのエネルギーをさらに節約できるので、
さらに健康、美容面でメリットを感じられるはず。
私の場合、昼に「つなぎ」のナッツを食べていた時ですら、食べた後は消化のために眠くなっていたのが、飲み物のみでしのぐようにしたら眠気が抑えられるように。
そのため、仕事に使える時間が長くなって嬉しいです^^


いかがでしょうか?

1
3食から11食への移行のやり方を7段階に分けてご紹介してみました。

何度も言いますが、いきなり11食にしようとすると、生活に支障が出る可能性があるので、
無理せず、ゆっくり、焦らずに少しずつ進んでいきましょう。

私の場合は、7段階を経て11食になるまでに、約10年かかりました。
(過去記事:1日1食にたどり着いたやり方、私の場合。1日3食から段階的に減らすのがおすすめ。

途中で挫折せず、リバウンドしないコツは、それぞれの段階に身体も心も慣れてから、
次の段階へ行くようにし、少しずつ食べる量を減らしていくこと。


それぞれの段階に身体が慣れるまでは、数ヶ月以上かかる場合もありますが、
ずっと朝から晩まで食べている生活を何十年もやってきているんですから、すぐにできなくて当たり前。

少しずつ食べ物を減らすのはまどろっこしいと思うかもしれませんが、
ほんの少しでも食べる量を減らすことで、確実に身体の負担は前よりも減っています。
続けていけば、少しずつ身体と頭が軽くなっていくことが実感できるはずです。

無理なく、自分のペースで、少しずつ11食に移行していきましょう^^

以上、
11食のやり方を伝授!13食からはこの7段階で移行すべし!【シンプルライフで健康に】
でした。

↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^