こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

ミニマリストという言葉や生き方が注目されるようになってきた今日この頃。
中には「物が多いことは悪いこと」ととらえる人もいるようです。

ですが、私は物が多いことが必ずしも悪いことだとは思いません。
「ミニマリスト=正義」だとも思いません。

ミニマリストや持たない暮らしはあくまでも生き方のひとつ。
今回はそんなことを書いてみたいと思います。

「物が多い=悪」というのは思い込みかも。ここらで考え方を整理してみた。【シンプルライフ】


皆さんご存知のはずですが、念のためもう一度ここに書いておきます。

私はシンプルライフが好きだし、持たない暮らしをしたいし、ミニマリストを目指しています。

今回のテーマを語る上で、この前提は覚えておいて頂きたいです。


「持ち物を減らしてスッキリしよう!」「ミニマリストになって身軽に生きよう」と考える人が増えてきた今日この頃。

一昔前の物が少なかった時代に生まれた「物は捨ててはいけない」「(悪い意味での)もったいない」という考え方からだんだんと解放されてきて、
持ち物を処分して減らしましょう!という考え方が主流になってきました。

確かに、持ち物が多すぎる状態ではどこに何があるか分かりにくいから暮らしづらいし、
物が多いとそれだけで部屋の中で圧迫感を感じるので休まらないし、管理するのに時間もお金もかかる、という多くのデメリットがあります。


最近では共働きする夫婦も増え「なかなか家の中の片付けにまで手が回らない」「掃除や片づけが面倒」という人も多いはず。

そういう人たちにとっては、持ち物が多いよりも持ち物が少ない方が、掃除もしやすく暮らしやすいため、シンプルライフや持たない暮らしをすすめているんですね。


ですが、そうではない人にとってはどうでしょうか。

例えば、お気に入りのコレクション数百個に囲まれて暮らしていても、どこに何があるかちゃんと持ち物が管理できていて、コレクションを眺めながら一つずつ掃除することが楽しくて仕方ない!という人にとっては、持たない暮らしは辛いもの。

こういう人にとっては、持たない暮らしは逆効果。
持たない暮らしをしてしまったら、楽しい毎日を奪われてしまいます。


そう、持ち物が多いことが悪い、持ち物が少ないことが正しい、というのは人によって違うのです。

家の中を清潔にきちんと管理できていて、暮らしやすければ持ち物が多くたっていいんです。
そういう人が持ち物を減らすべき理由はありません。

最近では持たない暮らしやミニマリストの影響で「持ち物が少ない方がいい」と思い込んでいる人が多いですが、それは誰にでも当てはまることではありません。

仕事を選ぶのと同じように、持たない暮らしやミニマリストという生き方も、その人が自分で「自分に合っている」と思ったら選ぶもの。


サッカー選手も、歯医者さんも、弁護士も、料理人も、どんな仕事を選んでもどっちが正しくてどっちが間違っている、という事はありませんよね。

それと同じなんです。

持ち物が多い暮らしを選ぶのも、持ち物が少ない暮らしを選ぶのもその人の自由。

一番大切なのは、それが自分に合っているかどうか。
そして、自分がどの生き方、暮らし方を選ぶかだと思うのです。

以上、
物が多いことは悪なのか?ミニマリストが必ずしも正義ではないと思う私の考え。【シンプルライフ】
でした。