こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

多くの人が断捨離を進めていくうちに、大量に処分することになるのが本。
「本は捨てないでブックオフに売ろう」と思う人も多いはず。

店舗に売りに行くのが面倒だったり、車がなくて本を運べない、という人のためにブックオフでは出張買取と宅配買取(宅本便)を行なっていますが、
この二つ、実は買取価格が違うということをご存知ですか?

今回は、本を売るときには覚えておきたい、ブックオフの買取価格の仕組みについて書いてみたいと思います^^

出張買取と宅配買取、どっちが高い?ブックオフの買取価格が高い売り方はコレ!【断捨離&シンプルライフ】


「本を売るならブックオフ♪」というメロディーが頭の中に刷り込まれている私達。
本を断捨離するときは、捨てずにブックオフに売ろう、と思う人も多いはず。

私もこれまでブックオフさんには買う時も売る時もお世話になりっぱなしだったのでその気持ち、よく分かります。

ブックオフは比較的どこにでもあるし、気軽に売りやすいんですよね。


そんなブックオフでは、店舗での買い取りはもちろん、車を持っていなくて大量の本を運べない人や売りに行くのが面倒、という人のために

スタッフの方が自宅まで買い取りに来てくれる「出張買取」、

宅配便で送れば自動で買い取り処理をしてくれる「宅配買取(宅本便)」


というサービスも用意してくれています。


私がかつて、思い切って大量の本を断捨離した時にもこの二つのサービスを利用しました。

私は車の免許を持っていないし、実家には車がなかったのでわざわざ店舗まで持っていかなくてもいいのは本当に助かります^^


そして、ここからが本題なのですが、「出張買取」と「宅配買取(宅本便)」では買取価格が違うということをご存知でしょうか?

これ、本当の話なんです。


結論から書くと、

宅配買取の方が買い取り価格が高いんです。



まず、出張買取というのはブックオフのスタッフの方が家まで買取に来てくれます。
本やDVDなどが30点以上あれば申し込めます。
で、玄関先で査定してくれて、その場でお金ももらえます。

私達がやるのは、売りたいものを玄関先に用意しておくだけ。
ものすごーく楽チンです。


それに対して、宅配買取(宅本便)は10点以上から利用できるのですが、
自分で段ボールを用意してそこに本などを詰めて梱包し、
運送会社に取りに来てもらうように依頼して、渡さないといけません。

その後、査定結果が連絡されてくるので、それでOKであればGOサインを出し、銀行にお金が振り込まれるという仕組み。

自分で店舗にもっていかなくて済むのは楽ですが、出張買取に比べるとやや手間がかかります。

ですが、後者の出張買取よりも宅配買取(宅本便)の方が買取価格が高いんです。


詳しくは知りませんが、宅配買取(宅本便)で送った本は店舗に送られるのではなく、査定をするセンターに送られるそうです。
そこで、本の価値を把握している査定専門スタッフが時間をかけて査定をするため、その本本来の価値に合った価格を提示してくれます。

ですが、出張買取の場合、かつては店舗で行なっていたため店舗スタッフが家まで出向いてその場ですぐに査定をしなければいけませんでした。
その本の本来の価値ではなく、一律のルールにのっとった買取価格を出すため、貴重な本や売れている本だとしてもそこまで価格があがらないのです。

それに、スタッフが車で自宅まで来てくれるという人件費もかかっているので、出張買取の方が安くなってしまうという理由もあると思います。


私も実際に両方で買取をしてもらったことがありましたが、あきらかに買取価格が違ったのでこの話には納得できました。

今も出張買取が店舗で行なわれているかどうかまでは分かりませんが、スタッフが来てくれるのと、宅配便で送られてくるのとではコストが大きく違うので、買取価格に差があるのは当然のことだと思います。

ブックオフで大量に本を売りたい方や、貴重な本、新しい本を売りたいのであれば、できるならば一手間かけて宅配買取(宅本便)で売る方が、高く売れる可能性があるはずです。

それに、出張買取は時期によっては混んでいて、すぐに来てもらえない場合もあるので、すぐに送れてスッキリできる宅配買取(宅本便)がおすすめですよ^^

以上、
ブックオフの買取価格、出張買取と宅配買取どっちが高い?覚えておきたい賢い売り方とは。【断捨離&シンプルライフ】
でした。