こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

仕事や勉強中に眠気を覚ます方法は色々とありますが、
できるだけ身体に負担をかけずに、そしてこっそりと目を覚ますにはツボを押すのがおすすめ。
手のツボを押すだけなら、誰にも気づかれずに眠気を覚ますことができます。

今回は、眠気を覚ます方法としておすすめの、手のツボをご紹介したいと思います。
会議中や試験中などにおすすめですよ^^

おすすめの眠気を覚ます方法!こっそり目覚ましできる手のツボをご紹介。


では早速、眠気を覚ます方法としておすすめの、手のツボをご紹介していこうと思います。

・中衝(ちゅうしょう)
中衝(ちゅうしょう

中指の爪の付け根、親指側ぎりぎりの部分にあるツボ。
強力な眠気覚ましのツボとして有名。
眠気を覚ますだけではなく、気持ちを落ち着かせる効果もあります。


・合谷(ごうこく)
合谷(ごうこく)

親指と人差し指の間の付け根部分にある合谷(ごうこく)は、万能のツボ。
眠気を覚ます以外にも、目の疲れをとったり身体の痛みを和らげたり、血行を促進する効果があります。
手を重ねながらこっそり眠気を覚ますことができるのでおすすめです。


・労宮(ろうきゅう)
労宮(ろうきゅう)

手を握ったときに中指が当たる部分にあるツボが労宮(ろうきゅう)。
強めにほぐすと眠気が覚めるだけではなく、疲労回復にも役立ちます。


いかがでしょうか?

手にあるツボなら、こっそりと押すことができるので、眠気を覚ます方法としてはおすすめです^^

一箇所のツボには複数の効果があるので、眠気覚まし以外にも身体に良いメリットがあります。
カフェインなどを飲むのもいいですが、できるだけ身体に負担をかけない手のツボを押すようにするのがいいですよ!

以上、
眠気を覚ます方法!手のツボでこっそり&即効目覚ましするやり方まとめ!【会議中、試験中にも】
でした。