こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

少し前から食生活をグルテンフリーにすることで健康や美容面で素晴らしい効果があると知り、
(過去記事:グルテンフリーの効果とは?健康・スポーツ以外にも脳、ニキビを改善するというのは本当なのか。
食べ物を買う時にグルテンフリーを意識しはじめました。

ですが、グルテンの含まれているものは想像以上に多いもの。
今回は、グルテンフリーを実践するために覚えておきたい、グルテンフリーの食材を一覧にまとめてみました。

グルテンフリーの食材一覧!グルテンフリー実践中に食べていいものまとめ。


グルテンフリーとは何か、ということを以前ここで書いた通り、
(過去記事:グルテンフリーとは何?言葉の意味を解説します。

グルテンとは、小麦粉に含まれるタンパク質のことです。

なので、小麦粉が含まれない食べ物は全てグルテンフリー


こう考えればグルテンフリーを実践するのは非常に簡単に思えますが、実際はけっこう難しいもの。

なぜかというと、市販されている食材の多くに、何かしらの理由で小麦が含まれているからです。


なので、グルテンフリーな食生活を実践するためには確実にグルテンが含まれていない食材を知っておかなければいけません。

という訳で、グルテンフリーを実践するために知っておきたい、グルテンフリーな食材、食べていいものを以下に一覧にしましたので、参考にしてください。


・米(米粉で作られたものも)
・餅
・キヌア
・十割そば(そば粉100%のもの)
・とうもろこし

・肉
・卵
・魚介類

・豆腐
・納豆
・油揚げ

・野菜
・果物

・牛乳
・ヨーグルト

・こんにゃく
・しらたき
・春雨

・ナッツ類
・味噌
・小豆

・片栗粉
・塩やハーブなどのスパイス



これらの食材は基本的にグルテンフリーなので食べてもいいものになります。

これらの食材以外のものは、基本的にグルテンが含まれているのでNGですが、
「グルテンフリー醤油」のようにグルテンフリーのものが販売されている食材もあるのでそういうものなら摂取してもOKです。


そして、一つ注意しておきたいポイントが、

加工食品は裏面の表示を見てグルテンフリーか判断する


ということ。


野菜や果物など、生のままの食材は問題ありませんが、おつまみ用のアーモンドなど、本来ならばアーモンドと塩だけで作られているはずのものでも、
別に小麦が含まれる商品を扱っている場所で製造されている場合、微量のグルテンがそのおつまみ用アーモンドに含まれてしまうのです。

簡単に言ってしまうと、小麦を含んだ商品を作った容器を使い回すから、その容器についたグルテンがアーモンドに付着する、というような事。
(厳密には違うかもしれませんが)

なので、少しでも加工されている食品は表示を良く見てみましょう。
本製品の製造ラインでは、小麦を使用した製品を製造しています」などの表示があることが多いです。



そして、この表示がされている食品のなんと多いことか(´Д` )

その食べものに小麦は入っていないのに、製造過程でグルテンが混入してしまっているんですよね。

この表示ないものを探すのは一苦労です。

私は小麦アレルギーではないので、厳密にやらなくても問題はないのですが、せっかくやるならちゃんとグルテンフリー生活の効果を感じたい。

なので、できる限りグルテンフリーの食べ物を買おうと、スーパーで悩む日々を送っています^^;

以上、
グルテンフリーの食材一覧!グルテンフリーで食べていいものはコレ!購入の際は裏面の表示にも要注意。
でした。