こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

「服を捨てるのがもったいない」。
そう思う人が多いようですが、実は服を捨てないデメリットはそれ以上に多いことを知っていますか?

今回は、服を捨てることは本当にもったいないことなのか、という事について書いてみたいと思います。

服を捨てるのはもったいない?実は捨てない方がもったいないのかも。【断捨離&シンプルライフ】


最近ではファストファッションや安い洋服ブランドが増えたために、多くの人が必要以上に洋服を持ちすぎている傾向にあります。

「服がありすぎる。持ちすぎている。」ということを自覚しつつも、いざ服を捨てるとなると「もったいない」と思ってしまう人がほとんど。

「まだ着られる」
「またいつか流行るかも」
「痩せたら着る」
「高かったから」

など、いろんな理由をくっつけて服を手放さないように頑張ってしまいがち。


確かに、破れてもないし汚くもない服を捨てるのは一見もったいないことのように思えます。

でも服を捨てないで沢山持ったままだと、こんなデメリットがあるんです。

・収納場所をとる
・収納がぎゅうぎゅうになり、出し入れがしにくい
・収納しづらいため、服がシワになりやすい
・持っている服を把握できないため、着ないで放置される洋服が出てくる
・衣替えやお手入れの手間、クリーニング代などの費用が多く必要になる
・数が多いと服を選ぶのに時間がかかる
・着ていない服を見るたびに、着ていないことをストレスに感じる

ざっと思いつくだけでもこんなにありました。


「服を捨てるのはもったいない」と思ってたくさんの洋服をとっておくと、時間や手間やお金がかかるし、ストレスまで感じるようになってしまうのです。

着ていない服を捨てることには、確かに罪悪感を感じてしまうし、自分の買い物の失敗を認めるのも辛いこと。

ですが、捨てないことによってこれからの自分の時間やエネルギーやお金がどんどん失われてしまうことを考えたら、そっちの方がよっぽどもったいないと思いませんか?


洋服を捨てる辛さは一瞬ですが、服を持ち続けるデメリットはこの先も毎日毎日発生するのです。

そう考えれば、「服を捨てるのはもったいない」という考え方が絶対ではないと思えるはず。


たくさんありすぎる服のせいで時間をとられたり毎日の生活がしづらいのに、その服を頑張って持っている必要はあるでしょうか?

「服を捨てるのはもったいない」という事は一つの考え方でしかありません。

是非一度、服を捨てるメリットと捨てないデメリットについても考えてみてください。


以上、
服を捨てるのは本当にもったいない?服を捨てないデメリットはこんなにあった。【断捨離&シンプルライフ】
でした。