こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

レモンやオレンジをしぼるための絞り器を持っている人も多いと思いますが、我が家では絞り器は使っていません。
絞り器がなくても、どの家庭にもあるモノで代用できるからです。

今回は、絞り器の代用品になるものと、実際の絞り方をご紹介したいと思います^^

絞り器の代用品は各家庭にあるアレ!ミニマリストにおすすめのレモンのしぼり方。【シンプルライフ】


レモンやオレンジをしぼる時に絞り器を使っているご家庭も多いと思いますが、実は絞り器がなくてもしぼることはできるんです。

どの家庭にもあるアレが代用品になるんです^^

その代用品とは・・・

レモン1



フォークです!


フォークが絞り器の代用品だなんて意外かもしれませんが、これがけっこう便利なんです。


では、実際にどのようにしぼるかを解説していきますね。

まず、レモンを半分に切り、果肉部分にフォークを刺します。
最初に皮と果肉の境目部分にざくざく刺していくとやりやすいです。
レモン2

刺したらフォークをひねって果肉をほぐしていきます。

フォークを刺し、ひねる動作を繰り返していくと果汁が自然と出てくるので、器の上で作業しましょう。
レモン3


レモンの果肉部分にあらかた刺し終わったら、最後にレモンをギューッとしぼります。
レモン4


フォークを使えば果肉がほぐれるので、絞り器がなくてもしっかりとしぼることができます。

きれいにしぼるコツとしては、フォークで果肉をまんべんなく、皮と果肉の間からほぐしておくのがポイントです。


こう書くと少し不便に思われるかもしれませんが、我が家ではレモンやオレンジをしぼる事はたまにしかないので、絞り器を買うまでもない。

なので、フォークでぐさぐさやってしぼるだけで充分なんです。

絞り器を使おうかどうか迷っている人や、ミニマリストの方にはおすすめの代用品ですよ^^

以上、
絞り器の代用品はコレ!レモンをしぼる時にシンプル、ラクラクに。【ミニマリスト&シンプルライフ】
でした。