こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

今回はおすすめ本の紹介です。
私がおすすめしたいのは、枡野俊明さんの「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」。

他のシンプルライフ本よりもさらに本質に迫る内容と、穏やかな文体で静かな気持ちで読むことができる一冊です^^

枡野俊明さんの「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」は手元に置いて、読み返したい一冊。【おすすめ本】


今回ご紹介したいのはこちらの本。
限りなくシンプルに、豊かに暮らす

曹洞宗徳雄山建功寺の住職でいらっしゃる枡野俊明さんが書かれた本です。
枡野さんは造園にもたずさわっていて、庭園デザイナーとして受賞したり、海外セレブ達からも庭造りの依頼を受けるほどなんだとか。

そんな枡野俊明さんがつづる、「限りなくシンプルに豊かに暮らす」ためにできる方法はどれも当たり前のようなことで、小さいことばかり。

ですが、どれも生活の中で忘れがちだったり、後回しにしてしまうことだったり。

丁寧に暮らすこと、ものを大切にすること、ほどほどに自分を許してあげること、住まいを気持ちよく整えること、心を穏やかに保つことなど、
毎日を幸せに過ごすための方法が沢山詰まっています。


特に私の心に響いたのは、
「出かけるときの持ち物は必要最小限にする」
「時々手を抜く」
「真っ白な一日をつくる」
「いつかやりたいことは今日始める」
「もともと、何ももっていないことを思い出す」
「道具に時間と心を奪われない」
「勝ち負けで考えない」

などの項目です。


シンプルライフと思うとつい物質的なことばかり考えてしまいがちですが、それよりも重要なのは心の持ち方やものの見方。

この本では、心を穏やかに保ち、自分をいつくしむための方法も書かれているので、無理することなく、自然に呼吸をするように実践できることばかり書かれています。


枡野さんの文体も読みやすく、目の前でゆったりと話してくれているようで、読んでいるだけで心が落ち着きます。

いろんなヒントや実践すべき方法が書かれているにもかかわらず、それができていない人ややろうとしない人を排除するような書き方は一切ありません。
「こういう方法もありますよ」と優しく手をひいてくれるような、もしそれができなくても「それでもいいんですよ」とあたたかく見守ってくれるような、そんな優しい本だと思います。

疲れた日や、なんだか気ぜわしい時、ゆったりした気持ちになりたい時にはついこの本を手にとってしまいます。

なんだかモヤモヤしていても、この本を読めば気分が変わって「今の自分にできることをやろう」という気持ちになれるから不思議です。

おそらくこれからも、ずっと手元に置いて読み返していくことでしょう。

以上、
【おすすめ本】枡野俊明さんの「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」で静かに生活を振り返る。
でした。