こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

私は若い頃から姿勢を良くしようと意識してきました。
が、最近は筋肉が衰えているせいか姿勢がだらしなくなっている気が・・・。

そんな中たまたまネットで、椅子に座って姿勢を良くする方法を見つけたんです。
それが今まで全く知らなかったやり方で、楽に健康的に姿勢を良くすることができるので、目からウロコがバッサバッサと落ちました!

本当におすすめの姿勢を良くする方法なので、今回はこのブログでも共有したいと思います。

今まで知らなかった、椅子で姿勢を良くする方法!我慢&努力せずに姿勢が良くなる!【シンプル美容】


子供の頃に、親から「姿勢を良くしなさい」と言われたことがある人は多いはず。

私も子供の頃から言われ続け、大人になってからは自分でも姿勢を良くしようと気をつけてきました。
そのかいあって、「姿勢がいいね」と言われることが多かったのですが、最近自宅で仕事をするようになって運動不足&気の緩みから姿勢が悪くなっているのを自分で感じるように。

「このままではいけない!」と思い、仕事中に椅子に座りながら姿勢を良くしようと頑張ってみるものの、なんだか疲れるし長時間続けられない。


椅子に座って背筋を伸ばし続けるのってけっこうキツい。

「でも、慣れれば筋肉がついて自然にできるようになるはず!」と思いつつも仕事をしながらだとキツい姿勢をとり続けるのは難しい。

「やっぱり筋肉がないからダメなのかな・・・」と思っていたある日、ネットの「PRESIDENT Online」に正しい座り方の記事が載っていたのを発見。

その記事の内容は、それまで私が実践していた頑張って背筋を伸ばす方法ではなく、骨盤を立てて座ることで無理なく姿勢を良くすることができる、というものでした。


この記事を読んで目からウロコがバッサバッサと落ちた私。

だって、これまではずっと姿勢を良くするために辛くても背筋を伸ばして頑張っていたのに、そんな無理や努力をしなくても姿勢を良くできるんですよ!

今まで頑張っていたのは一体なんだったんだ・・・。


という訳で、「PRESIDENT Online」に書かれていた内容を簡単にまとめると、

・座っている時に姿勢が悪いと集中できなかったり、疲れやすくなる
・猫背状態だと深い呼吸ができないため、ぼーっとしやすくなる
・猫背だと肩こりや腰痛になりやすく、自律神経が乱れやすい
・姿勢を良くするとやる気が出て集中できる
・人体の構造上、普通に座ると猫背になってしまい、姿勢を良くしようとしても苦痛になる


ということらしいのです。

ふむ。

姿勢が悪いと勉強や仕事がはかどらないので、姿勢を良くする必要がある。
でも、普通に座ると姿勢を良くするのに疲れてしまうのが当たり前、ということなんですね。


それを踏まえた上での、「正しい」椅子に座りながら姿勢を良くする方法は、

ポイントは、骨盤を立てること。そのための声のかけ方は、次のようになります。「前かがみでお尻を一番後ろまでグイッと引いて座ろうね」

このように座ってから体を起こすと、背もたれに支えられて骨盤が立つので、その上にある背骨もまっすぐ伸びます。そのため、いい姿勢を保ちやすくなります。

「この座り方を実践するためには、背もたれが直角であることが重要です。後方に傾いている場合には、背もたれの前に板を置き、その間にタオルなどの詰め物をして、板が倒れないよう固定してください。椅子の高さは、足の裏を床にしっかり着けて、足首と膝が90度になるように調整します。高すぎるときは、古雑誌などをガムテープで固めた足置きをつくって調整してください」

(PRESIDENT Onlineより引用)


ということなんだそうです。


椅子で姿勢を良くする方法
PRESIDENT Onlineより引用)


このイラストのように、

座るときはまず前かがみで腰を下ろし、
お尻を背もたれに着くまで後ろに引いてから体を起こす


というのがポイントなんだそう。

こういう座り方をすることで骨盤がたつので、背骨がきれいなS字カーブとなり、頭を背骨全体で支えるので疲れにくく、長時間姿勢良く座ることができるんです。


実際にこの座り方をしてみたら、確かに姿勢良く座ることができる!

しかも、無理に背筋を伸ばさなくてもきちんと座れるし、何よりも辛くない!


うーん、これはいい事を知りましたよ。


私のように姿勢をよくすることに疲れてしまった人や、お子さんを姿勢良く座らせたい人、仕事や勉強に集中したい人にはおすすめです。

是非この姿勢を良くする方法を試してみてください^^

以上、
椅子で姿勢を良くする方法!目からウロコの新情報で姿勢美人を目指す。【シンプル美容】
でした。