こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

春になると、花粉などのアレルギー症状が出たり、一時的に身体が不調になったりすることが多くなりますよね。
それは、春は毒だしの季節だから。

今回は、冷えとり健康法実践者以外には意外と知られていない、春の毒だしについて書いてみたいと思います。

春は毒だしの季節!春の不調は身体のデトックス。【冷えとり健康法】


春になると多くの人がおびえるのが花粉。
花粉症の人が多くなってきた昨今、春に花粉が舞うと鼻水や目のかゆみ、くしゃみ、頭痛など、いろんな辛い症状が現れます。

あと、春になって気温が上がってくることで身体が一時的に体調を崩したりすることもありますよね。

実はこれらの体調不良は、毒だしによって起こっていることが多いのです。


冷えとり健康法などでは有名な話ですが、
春は毒だしの季節。

春になって気温が上昇すると身体の新陳代謝が活発になるため、身体は冬の間にためこんだ毒を排出しようとします。
また、毒を排出する臓器である肝臓は、春に動きが活発になるんだそう。

それに、春が旬の野菜や山菜は毒だし効果のあるものばかり。
春の花粉に身体が反応するのも、出すべき毒があるからなんですねー。


なので、春に身体の不調を感じたら、それは身体がデトックス中であるサイン。
できることなら、薬などでその症状をとめないようにしたいものです。
(薬を飲むと毒を体内に入れることになるし)

鼻水やくしゃみ、熱、頭痛などは毒が出ているサインなので、できるだけ出しっぱなしになるようにしておくのがベストです。
そうすれば、春に毒を出し切れて、また夏秋冬と元気に乗り切れるようになるはず。


他にも、冷えとり健康法少食断食、軽い運動、などを取り入れるとさらに毒だしが促進されます。

効率よく毒だしできる春の間に、できるだけ多く毒だしをしておきたいところです。

とはいえ、春になると外出する機会も増え、ウキウキしてつい食べ過ぎてしまうのが困りもの。
(外出=食べる、の図式になるのって私だけ?)

少食と断食をできるだけ実践しながら、デトックス体質を維持したいものです^^;

以上、
春は毒だしの季節!春の不調はデトックス中のサイン。【冷えとり健康法】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^