こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

洋服の流行は繰り返す、と良く言われます。
それを理由に服を捨てずにとっておく人がいますが、残念ながら流行が繰り返してもその服は着ることができません。

今回は、洋服を捨てられないあなたに、洋服をとっておかない方がいい理由を書いてみたいと思います。

洋服を捨てられないあなた、その服を数年後に着たいと思いますか?【断捨離&シンプルライフ】


冒頭でも書きましたが、洋服の流行は繰り返すと言われていますよね。

花柄が流行ったり、チェックが流行ったり、ふわふわブラウスやピシッとしたシャツ、細身のデニムにAラインスカートなどなど・・・。

これらの流行は定期的に繰り返されているので、「また○○が流行るんだなー」と思うことも多いですよね。


着ていない洋服を捨てずにとっておく人の中には、「また流行ったら着られるから」という理由で服を捨てないでいる人も多いようです。


ですが、その服はまた同じ流行が来ても着られることはまずありません。



なぜかというと、その時点で


古くなっている


からです!


例えば、花柄のワンピースを持っていたとして、また花柄が流行る時のためにそれをとっておくとします。

5
年後にまた花柄が流行ったとき、そのワンピースを取り出して着てみたら、

「なんだか古くさい」

と確実に思うはず。

なぜなら、流行は繰り返しても、その時々で変化しているから。
丈や素材や色づかい、服のラインなどは確実に前の流行とは違うものになっています。


なので、同じ花柄だとしても古くさい感じになってしまい、それを着るのは恥ずかしい、と思ってしまうはずです。

それが、流行のど真ん中のアイテムであればあるほど、次に流行った時に「なんか違う」感をより感じてしまいます。


「せっかくとっておいたし、今流行っているから着よう」と頑張って着てみても、流行遅れな感じはぬぐえませんし、着ている自分も恥ずかしくて居心地が悪くなってしまいます(私も体験済み)。

それに何年も着ないでとっておいた洋服は、汗ジミや変色などで劣化してしまう場合も多いです。


これらを踏まえて考えてみると、着ない洋服は長い間とっておかない方がいいという事ですね。

買ったらガンガン沢山着て、劣化したら処分。

買ってもなかなか着ないのであれば、それは今の自分に合っていなかったという事。
勉強したと思って潔く諦め、処分するのが一番です。

着たいときに着たい服を買って着る。
いつでもこれが躊躇なくできるようなワードローブにしたいものですね^^

以上、
洋服を捨てられないあなたへ。流行は繰り返しても、その服はもう着れません。【断捨離&シンプルライフ】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^