こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

収納ってどこに何を置くか、けっこう悩みますよね。
ですが、使いやすい収納の基本は、使う場所にものを置くこと。
これを守るだけで見違えるほど生活がしやすくなります。

今回は、使いやすい収納の基本として、使う場所にものを置く、その考え方をご紹介したいと思います^^

使いやすい収納は、使う場所にものを置くだけでできる!毎日が楽になる収納法とは。【シンプルライフ】


使いやすい収納の基本、それは

使う場所にものを置く

だたそれだけ。


これを守るだけで、日常生活の動作をする回数が減り、生活がしやすくなるのです。

「使う場所」というのは、そのものを最初に使う場所のこと。

最初に使う場所にものを置いておけば、収納場所から使う場所まで移動する必要がなくなるので、無駄な動きがなくなって楽になるのです。


我が家のキッチンで例をあげると、電子レンジとゴミ箱置き場。
使いやすい収納1

この電子レンジの下にレンジで温めて使う、夫のアイマスクを置いています。
使いやすい収納2

これを別の場所に置くと、アイマスクを取る→レンジで温める→リビングのソファに移動という3回の動作が、
取ってレンジで温める→リビングのソファ、という風に2回の動作で済みます。


そして、ゴミ袋もそうです。
ゴミ袋はゴミ箱につけますから、ゴミ箱のすぐ上にこうして収納しています。
使いやすい収納3


また、キッチンでラベルを書いたりするのに使う油性ペンも一本、キッチンの引き出しに置いています。
使いやすい収納4

はさみと一緒に入れてます。
こうすれば、ペンを毎回取りに行く必要がなく、動作の回数がおさえられます。


このように、最初に使う場所に収納しておくことで、動きまわる必要がなくなるので、何かをする時のエネルギーが少しで済むし、時間も短くできます。

他にも、

・薬は台所に (水をくんで飲むから)
・折りたたみ傘はバッグ置き場に
・下着は脱衣所


など、色々と工夫できるところがあるはずです。

「○○を取るのが面倒だな」と感じたら、それはふさわしい収納場所にない可能性が高いです。

是非、使う場所に移動させることを検討してみてください^^

以上、
使いやすい収納の基本!使う場所に置くだけで、動作が圧倒的に楽になる!【シンプルライフ】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^