こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

スマホの使い過ぎでドライアイになってしまう可能性があるという事をご存知ですか?
多くの時間、スマホを使っている人は要注意。

今回は、スマホがなぜドライアイの原因になるのか、そして、ドライアイを防ぐためにはどのように使えばいいのかを書いてみたいと思います。

スマホがドライアイの原因に。姿勢を正すだけでドライアイ予防に。【シンプルライフで健康に】


まずドライアイとは、
・目がかすむ
・目が乾く
・目がゴロゴロする
・涙が勝手に出る
などの症状をさします。

ドライアイをそのままにしてしまうと、目に傷がついてしまったり、身体の不調につながってしまうこともあるので、なんとか防ぎたいものです。


スマホを持つ人が増えてきた昨今、スマホの使いすぎでドライアイになってしまう人が急増しているんです。
最近では子供もドライアイになってしまうんだとか。


ではなぜ、スマホがドライアイの原因になるのかというと、スマホ画面を見ている時は目が緊張状態になってしまうから。
目に負担をかけている訳です。

これはパソコンでも同じなのですが、スマホの方がより小さい画面なため、パソコンよりも負担が大きいんです。


さらに、ドライアイの原因となるのが全身の血行不良。

目に血行不良が関係するの?と思うかもしれませんが、目は全身の状態をうつす鏡と言われているほど、全身の健康状態から影響を受けています。

スマホを使っている間は身体が動いていない状態のはずなので、それが長時間続くと血行不良になり、ドライアイを引き起こすんですね。


スマホを長時間使う生活だと、目に負担をかけ続け、身体を動かさずにいる状態が続きます。

そのため、スマホはドライアイの原因になりやすいと言われているんです。


では、どのようにスマホを使えばドライアイを防止できるのかというと、

・スマホを使う時間を短くする
・日常に運動を取り入れる(駅まで歩く、など軽いものでOK)
・スマホを使う時は姿勢を良くする(呼吸ができて血行不良を防ぐ)


などの予防法があります。

特にスマホゲームをしたり、スマホで動画を見続けたりすることが好きな人は要注意です。

便利なスマホですが、身体を壊すほど使ってしまっては本末転倒です。

是非今日から、姿勢を正すことから始めてみてくださいね^^

以上、
スマホがドライアイの原因に!姿勢を正すだけでドライアイ予防になる!【シンプルライフで健康に】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^