こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

シャツは私の大好きなアイテム。
シャツは袖をまくることでこなれた雰囲気を出すことができますが、ただまくるだけよりも、よりこなれ感を出せるまくり方が色々ありますよね。

そこで今回は、女性向けのシャツの袖のまくり方として、私が普段やっているまくり方を画像付きでご紹介したいと思います^^

シャツの袖のまくり方、女性ならコレが簡単でおすすめ!画像付きで解説します。【シンプルファッション】


では早速、女性向けのシャツの袖のまくり方を画像付きでご紹介していきますね。

普通にシャツを着るとこんな感じ。軽快さがないですよね。
シャツの袖のまくり方1


この状態から、肘あたりまで長めに一回折ります。
シャツの袖のまくり方2


ここから、カフスより下の部分だけを、さらに一回折り返します。
(カフス=ボタンがついている、袖の先端部分)
シャツの袖のまくり方3


これで、基本のまくり方は出来上がり。
すごーく簡単ですよね^^

ポイントは、カフス部分を上に少し見せること。
そうすることで、こなれ感を少し出せるのです。


こなれ感を出すもう一つのポイントは、二回目に折り返すときにキレイにきっちり折るのではなく、ざっくり折ること。
シャツの袖のまくり方4

こういう風にきれいに折るよりは、
シャツの袖のまくり方5
シワが寄っているぐらい、適当に折り返す方がこなれて見えます。


応用編として、上に出すカフスを少し多めにして、カフスを下に折り曲げる、というのもおすすめです。
シャツの袖のまくり方6
下から折った袖の上に、カフスをフタのようにしてかぶせる感じです。
これも、幅をきっちりさせるのではなく適当に折る方がこなれます。


こういう風にしてまくった袖は肘の下部分のままでもいいし、さらに軽快に見せたいのであれば、肘の上までそのままたくし上げてもいいですね。
シャツの袖のまくり方7


一気に軽快な感じになります。
シャツの袖のまくり方8


シャツの裾を外に出しても、袖がまくってあると女性らしいきれいめな感じになるのでいいですね^^
シャツの袖のまくり方9


簡単にできてこなれて見える、袖のまくり方を是非試してみてください^^

以上、
シャツの袖のまくり方、女性向け!【画像付】簡単にこなれた雰囲気を作れます。【シンプルファッション】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^