こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

「頑張ってものを減らして掃除しているのに、いつも部屋が散らかる」と悩む人、けっこう多いですよね。
ものを減らしているのに部屋が散らかるなら、その原因は収納にあると考えられます。

今回は、部屋が散らかる原因の一つである収納と、その解決法を書いてみたいと思います。

部屋が散らかる原因は収納の方法にあった!出しっぱなしになるものほど、収納しやすい特等席を作ろう!【シンプルライフ】


頑張って色々と捨ててものを減らしたのに、部屋の中がいつも散らかっている・・・。
そんなお悩みを持っている方は多いようです。

「やっぱり私は掃除が下手なんだ」と自分を責める必要はありません。
掃除が下手だから散らかるのではなく、散らかりにくいシステムを作っていないから散らかるだけなのです。

私はこれまでの経験で、「ものを減らして、収納をきちんとすれば自然と散らかりにくい部屋になる」と考えています。
(小さいお子さんがいるなどの場合は別)


なので、部屋が散らかる原因は

・ものが多い
・収納のやり方が間違っている


のどちらかのはず。


今回は、「ものが少ない前提で部屋が散らかる」というテーマなので、ものはある程度処分して減らしている状態で話を進めますね。

ものが少ないのに、出したものは出しっぱなしで散らかってしまう、というのであればあきらかに収納のやり方が良くないのが原因と思われます。

出したものを収納場所に戻せれば散らかることはありません。
ですが、出したものを毎回収納場所に戻せないから散らかるんですよね(当たり前)。

出したものをしまえない原因として、

・しまう場所が使う場所から遠い
・しまうのに手間やストレスがかかる


の二つが考えられます。

このようにしまうのに手間やストレスがかかり、面倒くさいのでは誰だって出したものをしまうのは嫌なはず。
きれいな部屋にするぞ!と気合を入れなおしてみても、こんなストレスばかりで面倒なことをする毎日は続かないのが当たり前です。


ここまできたら、解決策は簡単です。

・しまう場所を使う場所の近くにする
・簡単にしまえるようにする


という二点を意識して、収納場所を新しく決めてあげましょう。

特に、「簡単にしまえるようにする」というのはすごく重要なポイント。
引き出しをあけて、さらに箱のふたをあけて袋を開いて・・・といくつもの動作が必要だと面倒になってしまうので、できるだけ「片手で、1回~2回の動作で」できるようにするといいですね。
(例えば、扉をあけて、引き出しをあけて中に入れる、等)

そして、普段散らかりやすいものたちは、使う頻度が高いから外に出されているとも言えます。
よく使うものは出し入れの回数も多いので、使う場所に一番近く、出し入れも簡単な場所に特等席を用意してあげましょう。
(使う頻度が少ないものは多少出しづらいところでもOK)

さらに、ストレスなく簡単にしまえるようにするには「どこにしまうか」が家族全員に分かるようになっている事もとても大切です。

覚えやすい場所であれば使う時に声をかければ済みますが、細かく収納を分けていたり、沢山のものの収納場所を移動させた後だったら、収納場所に入れるもののラベルを貼っておくのも効果的です。

どこに何をしまうか分からないから、外に出しっぱなしにしている事もとても多いですから。


これらのポイントを押さえて収納を変えれば、ものの出し入れが苦にならず、自然とものをしまえるようになるもの。

是非、毎日よく使うものから少しずつ、収納場所を見直してみてくださいね^^

以上、
部屋が散らかる原因は収納のやり方かも!出しっぱなしになるものこそ、収納場所を工夫しよう!【シンプルライフ】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^