こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

咳が止まらないと本当に辛いですよね。
かといって、咳止め薬を飲むのもちょっと・・・という時は、ツボで咳を止めるのがおすすめ。

今回は、手軽にできる咳を止める方法として、おすすめの手のツボをご紹介したいと思います^^

咳を止める方法、ツボ編!簡単で効果抜群の手のツボをまとめてみた。【シンプルライフで健康に】


では早速、咳を止める方法としておすすめのツボをご紹介していこうと思います。


・尺沢(しゃくたく)
尺沢(しゃくたく)
肘の内側のシワ部分の中央から少し親指側に入ったところにあるツボ。
筋肉の上ではなく、少し外側にいったところにあります。
反対の手で強めに押すのがおすすめ。
即効性があり、痰がからんだときにも効果があります。


・孔最(こうさい)
孔最(こうさい)
上の尺沢(しゃくたく)よりも手首側に指4本分下がった位置にあるのが孔最(こうさい)です。
喉の痛みや喘息にも効果があります。
そのあたりを触ってみて、痛気持ちいいところや凝っているところを中心に強めに押しましょう。
両方の腕を順番に押すと効果的です。


・天突(てんとつ)
天突(てんとつ)
鎖骨の間のくぼみ部分にあるツボが天突(てんとつ)。
鎖骨の間のくぼみを、下に向かって押すように刺激します。
咳を止めるだけではなく、喉に痰がからんだときや喉が痛いとき、不快な時にも効果を発揮します。


・中府(ちゅうふ)
中府(ちゅうふ
鎖骨の端の下のくぼみ部分にあるツボが中府(ちゅうふ)。
気道を広げて呼吸を楽にし、咳を止める効果があります。
風邪だけではなく、喘息などの息苦しさまでも改善してくれるので、覚えておきたいツボです。

以上、
咳を止める方法、ツボ編!手のツボで手軽に咳を止める!【シンプルライフで健康に】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^