こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

「捨てるとスッキリすると分かっていても、捨てるのはもったいない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
私達はつい、「もったいないと思わずにどんどん捨ててしまいたい!」と考えてしまいますが、そうなったら一歩間違えば断捨離下手になってしまうことも。

今回は、断捨離上手になるために必要な「捨てるのがもったいない」という考え方について書いてみたいと思います。

「捨てるのがもったいない」のは当たり前!そう感じることで断捨離上手になれるのです。【シンプルライフ】


色々と捨ててスッキリしたい!と思っても、いざ捨てるとなると「もったいない」と思ってしまってはかどらない・・・。

そういう人は多いのではないでしょうか。

もったいないと思ってしまうがために、全然捨てられない。
もったいないと思わずに、何でもポイポイ捨ててしまえたらいいのに・・・。

そう思ったこと、ありませんか?


一見、「もったいない」という気持ちを持たずに何でもポイポイと捨てられる人は断捨離上手に思えるかもしれません。

ですが、実は「もったいない」という気持ちを持てる人こそ、のちのち断捨離上手になっていける人だと私は思います。


まだ使えるものを捨てることが「もったいない」と思うのは正しい感覚です。
できることなら、ものを大切に使い続けたいとほとんどの人が思うことでしょう。


ですが、そういう考えのもとに沢山溜め込んでしまったもの達があるおかげで、生活がしにくくなったり、部屋の中でくつろげないのであれば問題です。

ですから、「もったいない」と感じる心をあえて鬼にして、ものを処分していきます。

この時、「もったいない」と思いながら、苦しみながら捨てた人は、「もう次は余計なものは買わないぞ」「次に買うときはよーく考えてから買うぞ」という意識を持つはず。

苦しみながら捨てたことで、次は同じ間違いをしないように慎重にものを買うようになり、持ち物を安易に増やさなくなります。


ですが、「もったいない」と思わずにポイポイものを捨ててしまえる人は、次にものを買うときも「本当に使う?」「本当に気に入ってる?」などと考えることはありません。
気軽にものを捨てられる人は「買ったものが気に入らなければまた捨てればいい」と思ってしまうからです。

増えてしまったものの分、またポイポイ捨てればいいだけの話ですが、それでは結局、自分の生活を快適にしてくれるお気に入りのものを見つけるまでに非常に時間がかかるし、大量にものを使い捨てる生活になってしまいます。

確かに、ものは増えないかもしれませんが、そういう生活はシンプルライフとは言えないですよね。


シンプルライフも断捨離も、捨てる以前に「安易にものを増やさない」というのが重要なポイント。
大量にものを使い捨てる生活は、シンプルライフでも断捨離でもありません。


なので、「もったいない」と思ってしまうなら、そのまま思い悩んでいいのです!
「もったいない」と思いながら処分することで、ものを安易に買ったりもらったりする事がいかに危険かという事を、じゅうぶんに実感できるのですから。

是非、「もったいない」と思いながら、頑張って断捨離をすすめていってくださいね^^

以上、
「捨てるのがもったいない」と思うのは当たり前。そう思うことが断捨離上手への近道!【シンプルライフ】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^