こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

革靴やスニーカーって油断するとすぐに臭くなってしまいますよね。
そういう時は私は重曹で簡単に作れる消臭剤を使って臭いをとっています。

今回は、家にあるものだけで簡単にできる、靴の消臭剤の作り方をご紹介しますね。

重曹で簡単にできる!靴の消臭剤の作り方をご紹介。【シンプルライフ】


では早速、靴の消臭剤の作り方を解説していきます。

材料は、
・重曹
・ティッシュペーパー
・テープ、または輪ゴム

のたった3つ。
重曹で作る靴の消臭剤1

作り方はまず、ティッシュペーパーを広げ、中央に重曹の粉を置きます。
あまり多いと後で大変になるので欲張り過ぎないように。
重曹で作る靴の消臭剤2


ティッシュをてるてる坊主の容量で端をしぼり、重曹がこぼれない位置でテープや輪ゴムでしっかりと留めます。
重曹で作る靴の消臭剤3

我が家には輪ゴムがないのでマステで。

これだけで出来上がり^^


靴の先端に重曹が入っている部分が来るようにして入れ、1日おけば靴の臭いもスッキリととれますよ^^
重曹で作る靴の消臭剤4


ティッシュペーパーだとあまり大きいものは作れないので、大きくしたい時には薄手の布を使うといいと思います。
ハンカチや手ぬぐいで同じようにしてもいいですね。


この消臭剤は使いまわしてもいいのですが、あまり耐久性がないので私は数足使い回したら引退させ、中の重曹をお風呂に入れて入浴剤代わりにしたり、台所掃除に使って終わりにしています。

靴の臭いが気になる時にだけ手軽に作れるので、とりあえずすぐに臭いをなんとかしたい!という方にもおすすめですよ^^

以上、
重曹で簡単!靴の消臭剤の作り方をご紹介。家にあるものだけでできちゃいます。【シンプルライフ】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^