こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

セスキ炭酸ソーダを洗濯する時に使っている人も多いと思いますが、洗いあがりが白くなってしまうこと、ありませんか?
私も以前は白くなることが多く悩んでいたのですが、使い方を変えてからは白くなりにくくなりました^^

今回は、セスキ炭酸ソーダで洗濯しても、白くならない使い方をご紹介します。

セスキ炭酸ソーダで洗濯すると白くなる・・・。一手間かけた使い方で白残りを防ぎます。【シンプルライフの家事】


洗濯の際、セスキ炭酸ソーダを洗濯洗剤と一緒に入れて洗うと汚れ落ちが良くなるので、そのようにしている方も多いことでしょう。

ですが、セスキ炭酸ソーダを入れると洗濯が終わった後に洋服が白くなってしまう事がありますよね。
あの白残りは何とかしたいものです。


色々と試してみた結果、白くなりにくい使い方を発見したので是非試してみてくださいね。

やり方はとっても簡単。

セスキ炭酸ソーダを耐熱カップなどの容器に入れます。
(持ち手があるマグカップなどがおすすめ)
セスキ炭酸ソーダの洗濯時の使い方1 - コピー


そこに、沸騰したお湯を注ぎいれます。
セスキ炭酸ソーダの洗濯時の使い方2 - コピー


半透明から透明になるまで、よーく混ぜます。
セスキ炭酸ソーダの洗濯時の使い方3 - コピー

この液を、洗濯する際に洗濯機の中に一緒に入れて回せばOK
(洗濯機の中で水が溜まっている状態で入れてください)


たったこれだけ。
簡単ですよね^^



要は、セスキ炭酸ソーダをしっかり溶かしてから洗濯機に入れる、という事です。

セスキ炭酸ソーダを粉のまま洗濯機に入れている人も多いと思いますが、それだとどうしても溶けにくく、白くなることが多いんですよね。

で、先に水で溶かしてから入れてみてもダメだったので、お湯でしっかり溶かしてから入れてみたら白くなりにくくなりました^^
(経験上、お湯の温度が低いとちゃんと溶けないので沸騰するまで温度を上げた方がいいです)

セスキ炭酸ソーダの洗濯でお悩みの方は、是非この使い方を試してみてくださいね^^


以上、
セスキ炭酸ソーダでお洗濯。白くならない使い方をご紹介!【シンプルライフの家事】 
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^