こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

たまーに、ふとした拍子に出るしゃっくり。
一度出たら止まるまでけっこう時間がかかったりしますよね^^;

そんなしゃっくりの止め方としておすすめなのがツボ押し。
今回は、しゃっくりの止め方、ツボ編として手軽にしゃっくりを止める効果のあるツボをご紹介します^^

しゃっくりの止め方、ツボ編!長引くしゃっくりに困ったらツボを押そう!【シンプルライフで健康に】


では早速、しゃっくりの止め方・ツボ編として、しゃっくりを止める効果のあるツボをご紹介していきますね^^


・内関(ないかん)
内関(ないかん
気持ちを落ち着かせる効果のあるツボである内関(ないかん)。
リラックスすることでしゃっくりの原因である横隔膜のけいれんを鎮めることができます。
手首のシワから指二本分肘側に上がった、中央部分にあります。
深呼吸しながらゆっくりと何回か押してあげましょう。


・尺沢(しゃくたく)
尺沢(しゃくたく)
肘の内側のしわの上にあり、親指から繋がっている筋肉の外側のくぼみにあるツボです。
しゃっくりを止めるだけではなく、せきやくしゃみ、喘息など呼吸器の不調やトラブル時にも効果があります。


・天突(てんとつ)
天突(てんとつ)
鎖骨の間にあるツボ。
咳を止める効果が抜群で、しゃっくりを即止められるツボとしても有名です。

押すときはあまり力をかけすぎず、じっくりと下向きに押すようにしましょう。

・気舎(きしゃ)
中府(ちゅうふ
上で紹介した天突の左右、指二本分離れたところの鎖骨の上にあるツボです。
全身の気が集まる場所と言われており、非常に重要なツボだそう。
しゃっくりを止めるだけではなく、喉の不調、咳、胃の不快感、つわり、呼吸器の不調はトラブル改善にも効果的です。
こちらもあまり強く押しすぎないように注意しましょう。

以上、
しゃっくりの止め方、ツボ編!覚えておきたい、押すだけでしゃっくりが止まるツボはコレ。【シンプルライフで健康に】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^