こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

今回は、捨てるコツシリーズ。
やや刺激的ではありますが、あえて「使いきらなくても捨てる」を提案してみたいと思います。
このコツが取り入れられるようになると、劇的に断捨離がはかどりますよ。

捨てるコツをレベルアップ!「使いきらなくても捨てる」にチャレンジしてみよう。【断捨離&シンプルライフ】


沢山捨てて部屋をスッキリさせるぞ、と思っていたのに、捨てられるものがなくて結局部屋はあまり変わらない・・・。
誰でもそんな経験があるはず。

「ものを大切に」「きちんと最後まで使う」というしっかりした考え方を持っている人ほど、ものを処分するまでに時間がかかるもの。

そして、そういう人は消耗品に関しては特に「もったいない」意識が強く働いてしまうため、家の中のかなりの割合を占める「なくても平気な消耗品」を捨てられずにモノがたくさんあるままになってしまうのです。


「まだ使えるものを捨てるのはもったいない」という考え方は分からなくはないですが、今までその考え方をしてきたために、今の家になってしまっているのです。

世間一般では「ものは最後まで大切に使う」ことが美徳とされていますが、実際は自分のものをどうしようと自分の勝手。

使いきっていなくても、不要であれば捨ててかまわないのです。


私も以前はまだ使える消耗品を途中で捨てるのがしのびなくて、せっせと毎日使って減らそうと頑張っていました。
でも、「減らそうと頑張る」ものって、何かしらの理由で自分が気に入っていないからそういう考えになるんですよね。
使い心地が悪いとか、自分に合ってないとか、肌や健康に悪いとか、使ってみたら好きじゃなかった、実はそんなに使わなかった、とか。

そういった、気に入らないものを「使いきってないから」という理由だけで無理して毎日使い続けるのって、苦行以外の何ものでもないですよね。


買うときは「これがあったら便利かも」「これを使えば良くなるかも」とウキウキ気分で買ったのに、こうなってしまうと

「自分にとって良いものを使って楽しむ」ではなく、「最後まで使いきる」が目的になってしまっていますよね。


なので、あえて言いたい。

「使いきらなくても捨てていい」と。


特におすすめなのは、

・化粧品(古いものや、大量に買いすぎて持て余しているもの)
・食品(賞味期限がきれたものや、大量にあって持て余しているもの)
・ペンなどの文房具(数本あればOK、少しでも使いにくいものは捨てる)


などですね。

これらは毎日使うものなので、多少古くても、沢山あっても、使いにくくても、とりあえずそれがあれば毎日をしのげるのでわざわざ捨てて新しいものを買いなおそうとは思わないんですよね。

ですが、古いもの、劣化したもの、使いにくいもの、好きじゃないものを使っていると、知らず知らずストレスがたまってしまうし、楽しくないし、肌や身体に悪影響を与える可能性もあるのです。


ですから、無理なく買い換えられるのであれば、新しいものに買いかえるのがおすすめです。

そして、家に大量にある「使いきってないけど、使う気になれないもの」を捨ててしまいましょう。
(期限切れ前の食品なら人にあげるのもよし)


それでも「やっぱりもったいない」と思ってしまうかもしれません。

ですが、買ったときのお金や、今や古くなった好きじゃないものを大事にするのか、
それとも収納スペースをあけることや、今の自分にとってストレスのない暮らしを大事にするのか、よーく考えてみたら答えは出るはず。

過去の間違いで使ったお金は勉強代だったと思って、さっさと今の自分が大切なものに目を向けましょう。

以上、
【捨てるコツ】使いきらなくても捨てる!お金と時間と空間、どれが大事か考えてみよう。【断捨離&シンプルライフ】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^