こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

「まだ使えるから」と言って使いづらいものを長年使い続けている人が多いですよね。
ですが、快適生活の基本は自分がもののご主人様であること。

今回は、年齢を重ねるにつれてものを買い換えることの必要性を書いてみたいと思います。

年齢によって必要なものは変わる。潔く買い替えてストレスフリーな生活を!【断捨離&シンプルライフ】


一度買ったものを大切に、長年使い続けることは素晴らしいことです。

ですが、年齢を重ねるにつれて私達の身体はどんどんと変化していきます。

そうなってくると以前は問題なく使えていたものが使いづらくなってくることもありますよね。

例えば、

重い鍋やフライパンを持つのがつらくなる。
底の薄い重いスニーカーで歩きづらくなる。
短い丈のスカートが似合わなくなる。


このように、「今の自分」に似合わなかったり、使いづらくなってしまうという事は確実に起こってきます。


そういう時に「まだ使えるから」と昔から使っている重い鍋を、大変な思いをして使い続ける人も多いようですが、それでは毎日の生活がストレスになってしまいます。

まだ使えるものを買い換えることに罪悪感を感じてしまう気持ちは分かりますが、今の自分にとって使いづらいものは、自分にとって「もう使えないもの」です。


「今の自分」「これからの自分」が快適に暮らせるように、思い切って買い替えましょう。


今は質の良いものが安く手に入る時代です。
自分が納得すれば高級なものを使う必要はありません。

今の自分に合う、気軽にストレスなく使えるものに買い替えましょう。

重い鍋やフライパンは、軽くて持ちやすいものに。
重くて底の薄いスニーカーは、クッション性が高くて軽いスニーカーに。
子供っぽくなってしまったスカートは、丈が長い大人っぽいものに。

このように、今の自分が快適に暮らせるものにシフトチェンジするのです。


「まだ使えるのにもったいない」と思うかもしれませんが、ものは私達の暮らしを快適にするためにあるものです。

暮らしにくいものはそれだけでもう持っている価値はありません。

ものが私の主人ではなく、私がものの主人。


ですから、ものに自分を合わせて暮らすなんて、おかしな話ですよね。
ものは私に合ってナンボ。

そのことを忘れずに、今の自分に合ったアイテムで快適に暮らしましょうね^^

以上、
年齢によって買い替えは必要。自分にものを合わせるのが快適生活の基本です。【シンプルライフ】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^