こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

結婚してから毎年作っている梅干し。
今年が3回目になりました。

我が家の梅干しはジップロックで簡単お手軽!おすすめの楽ちんな作り方。【シンプルライフ】


健康のために梅干しを食べるようにしています。

ですが、余計なものが入っていない、身体に良い梅干しって普通に買うとすごく高いんですよね。

なので、結婚してからは自分で作るようになりました。


「梅干しを自分で作っている」というと、大変だと思われがちですが、作り方自体は非常に簡単。

面倒くさがりの私でも毎年できているんですから、興味があるなら是非チャレンジしてみてください^^

参考までに、今回漬けたところまでのやり方をご紹介しますね。

ネットで注文していた梅が届きました!
手作り梅干し1

すでに完熟状態なので、箱を開けたらすごーくいい香り!
毎年1度しかかげない香りにうっとりします。

我が家の梅干しの材料。
手作り梅干し2

完熟梅以外に塩、ホワイトリカー、ジップロックバッグを使います。

塩は梅1キロに対して150g位使います。
少なすぎるとカビるので注意しましょう。

ホワイトリカーは果実酒に使うようなタイプを。私は5キロの梅で画像の小さいサイズを一本。

ジップロックバッグは大きいサイズを4枚使います。
(梅1キロ~1.5キロで1枚使う)


傷んでいたり、傷ついている梅を取り除き、梅のヘタを爪楊枝などでとります(傷つけないように注意)。

その後、ボウルなどにホワイトリカーを少量入れ、梅の表面を洗います。
手作り梅干し3

梅1~1.5キロを大きい鍋などに入れ、その分の塩も入れて梅全体にまぶします。
梅の表面にまんべんなくつくように。

塩をまぶした梅をジップロックに入れます。
(ジップロックの内側は事前にホワイトリカーでざっとすすいで消毒する)
手作り梅干し5

梅を入れた後、鍋に残っている塩を上からふりかけるようにして入れましょう。

梅の分量によって、ジップロックの袋を増やしてください。

ここまでで、漬ける作業は完了!

ね?
とっても簡単ですよね?

このまま涼しい場所で寝かせておくと、梅から水分が出てきます(梅酢という)。

できれば1日に1回、ジップロックを傾けて、梅酢を梅全体に行き渡るようにしましょう。
(最悪3日に1回でも)


梅干しを作るというと、これまでは大きな容器を使うことが多かったようですが、私は大きな容器を持つのが嫌だったので、ジップロックでできるこの方法で作っています。

これなら、容器の収納場所に頭を悩ませることもなく、毎年清潔なジップロックを使えるので本当にお手軽です^^

あとは、夏に干すだけ!

干す作業もまた楽しみです^^

以上、
ジップロックで梅干作り!省スペースで手軽にできるので我が家ではこのやり方です。【シンプルライフ】
でした。