こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

我が家では台所のつくりつけの収納に買い置きの炭酸水のペットボトルを入れています。

そのペットボトルの種類を変えたら、気持ちいいぐらい収納にぴったり入るようになり、「時には収納に中身を合わせることも必要なんだ」と気がつきました。

今回は、ペットボトル収納のビフォーアフターをご紹介したいと思います。


収納に合わせて中身を買うことも時にはアリ。何となく買っていた炭酸水を変えて、劇的に収納がきれいにできるように。【シンプルライフ】


我が家では、台所にあるつくりつけの収納棚の一番下の段に買い置きの炭酸水を入れています。

これまで何となく安いからという理由で買っていた炭酸水ですが、それを入れるとこんな風に。
炭酸水ペットボトルの収納1

そう、きっちり入ってくれないんですよ。
1段3本だと少ない、4本だとはみ出る、という微妙な幅・・・。


「でも仕方ないよね」と思っていました。

この炭酸水、安い割に美味しいし別のものに変える理由がなかったから、ずーっとこの炭酸水を適当にこの棚に積み上げてきたのです。



ですがある時、夫が別の炭酸水にしようと言い出したので別のものを買ってみました。

届いた別の炭酸水を入れてみたら、
炭酸水ペットボトルの収納2

驚くほどにぴったり!!

ものすごく美しく、1段に4本収納できるじゃありませんか!!


よく見てみると、1本あたりの容量が違い、ペットボトルの細さも違いました。
炭酸水ペットボトルの収納3

左側の新しく買ってみた方が容量がやや少なく、ペットボトルが細かったんですね。



こいつはいいぞ!とばかりに棚に新しい炭酸水を収納していきます。
炭酸水ペットボトルの収納4

わー、すごくきれいに入りました^^

味違いで二種類の炭酸水を買いだめしたので、手前にも入れていきます。
炭酸水ペットボトルの収納5

うん、きっちり入りますね。

これで収納出来上がり!
炭酸水ペットボトルの収納6

う、美しい・・・。

ペットボトルがこんなにきっちりと美しく入るなんて、想像したこともありませんでした。



ペットボトルを細いものにすればいい事は、少し考えれば分かりそうなものなのに、なぜかずっと思いつかなかったんですよね。

細いペットボトルのものを選ぶこともある意味「断捨離」ですもんね。

まだまだ修行が足りません。

時には収納の形状に入れるものの形状も合わせることが必要だと再認識したエピソードでした^^

以上、
水の種類を変えたら収納にぴったりに。時には収納に中身を合わせることも必要だと知った件。【シンプルライフ】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^