こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

ヒールがなく楽チンかつおしゃれなために人気のアイテム、バレエシューズとフラットシューズ。


一足は持っているという女性も多いのではないでしょうか。

バレエシューズやフラットシューズはシンプルなだけにカットの深さやラインの少しの違いによって大きく印象が変わります。


今回は、バレエシューズを履きこなす達人、フランス人女性の感覚から見た選び方をご紹介したいと思います。


バレエシューズ、フラットシューズ選びで慎重に考えたい、履き心地とスタイリッシュさのバランス。【シンプルファッション】



バレエシューズやフラットシューズを選ぶ時、どんな部分をチェックしますか?


中敷の柔らかさや歩きやすさ、外側のフォルム、素材、色などはもちろん重要ですが、

私はそれらと同時に履き口の深さやラインもチェックします。


つまり、足の甲が見えているラインですね。



履き口が深い(甲が多く隠れている)とすこし垢抜けない印象になり、スタイリッシュさがなくなりますが、その分歩きやすいです。

反対に履き口が浅い(甲が多く見えている)と、おしゃれでスタイリッシュで軽やかな印象ですが、ホールド感がゆるく、履き口のラインが足の前部分に当たるため、履き心地が悪い場合もあります。

履き心地も見た目もどちらも捨てられない私は、バレエシューズなどを買う時には履き口の深さを「これは深すぎる」「これは浅すぎる」と悩みまくっているわけです。



人それぞれ足の形は違うので、人が履き心地がいいと言っていても自分には合わないかもしれない。


なので、自分の足に合うブランドや形を探して、研究を続けるしかありません。


私もいまだにベストなものが見つかりません(>_<)


指のマタが見えているのがセクシー?フランス人のバレエシューズに対する感覚。【シンプルファッション】


さらに、バレエシューズなどを選ぶ際、足の指のマタが見えないものを選ぶ人が多いようです。


私の友達も、素敵なバレエシューズをお店で試し履きした時、指のマタが見えていたために「見えてるから買うのやめようかな」と言っていました。


ですが、指の又が少し見えているのは、バレエシューズを履きこなす達人であるフランス人女性からすると「セクシー」なんだそうです!


どう言う基準でセクシーと言っているのかは分かりませんが、おそらく少し見えているところに隙を感じさせる要素があるのかな?と私は勝手に思っています。



確かに指のマタが見えているぐらい履き口が浅い方が抜け感があって、おしゃれに見えるんですよね。

ですが、浅すぎると歩いているときに履き口が当たって痛くなることもあるので、買う前に当たらないかどうか確認しながらじっくり試し履きするしかありません。


ですが、痛くならずに歩けるのであれば、指のマタが見えているのは気にする必要はありません。

指のマタが見えていなければいけない、という訳ではありませんが、見えているからおかしい、という訳でもないからです。

私がフラットシューズ履く時も少し見えてます^^
フラットシューズ


指のマタが見えているからセクシーでOK、というのは全てのフランス人が同じ感覚を持っているかどうかは定かではありません。

ですが、そういう感じ方をする人もいることは事実なので、自分がいいと思えば指のマタは気にしなくていいと思います。



もし、「指のマタが見えていて変だよ」と誰かに指摘されたら「フランスでは見えている方がセクシーなんだよ」と教えてあげてもいいでしょう^^


以上、
バレエシューズ、フラットシューズを選ぶ時に覚えておきたい、フランス人のセクシー感覚【シンプルファッション】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^