こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けているアラフォー主婦、セリです。

「できるだけモノを増やさないように」と思いつつも、油断しているとどんどん増えていくのが使い捨てのスプーンやフォーク、割り箸といったもの。

 

今回は、使い捨てのプラスチックスプーンやフォーク、割り箸などを溜め込まずにすむちょっとした工夫をご紹介したいと思います!

使い捨てのプラスチックスプーン、フォーク、割り箸を溜め込まない工夫をご紹介!【シンプルライフ・断捨離】



キッチンまわりの断捨離をする際に処分しようか悩んでしまうものの上位にくるのがプラスチックのスプーン、フォーク、割り箸などの使い捨てのカトラリー。

 

コンビニではもちろん、スーパーやお惣菜屋さんなどで食べ物を買うと、欲しがらなくてもいつの間にかついていたりするのでどんどんたまっていってしまいます。

 

もともとお金を払って買ったモノではないのでそのまま使わずに潔く捨てるか、買った物を食べる時にすぐに使って捨てるかすれば溜まっていくこともないし、処分方法に頭を悩ませることもありません。

 

 

ですが、使っていない新品のものをそのまま捨てるのもしのびなく感じますし、使おうと思いながらも使うタイミングを逃してしまいがちなんですよね。

 

私が考える、「使い捨てスプーン等を溜め込まないベストな方法」は、

 

1)  まずは、できるだけもらわない

2)  もらってしまったらすぐに使う

3)  一度使ったらそのまま捨てる

 

です。

 

一度使えば使い捨てスプーンやフォーク、割り箸の役目は充分果たされているのでもったいないと感じる必要もなく捨てることができます。

 

 

ですが、この方法を実行するために非常に重要なポイントは、

 

「できるだけ早く使う」

 

という事。

 

おそらく、使い捨てのスプーン類を「すぐに使って捨てよう!」と思いながらも溜め込んでしまっている人は、それを使うことを忘れてしまっているはず。

 

多くの人はもらった使い捨てのスプーン類を普段のカトラリーとは別の場所に収納しているようですが、それだともらったこと自体を忘れて普通のカトラリーを使ってしまうので使い捨てのものは減らずに溜まる一方となってしまいます。

 

 

なので、私のおすすめの方法は、

 

「普段使っているカトラリーと同じ場所に収納する」

 

又は

 

「使うものと一緒に収納する」

 

の2つ。

 

 

1つ目は、普通のスプーンやフォーク、お箸を収納しているところに、もらった使い捨てのスプーンやフォーク、割り箸も一緒に収納しておくという事。

 

そうすれば、もらったことを忘れないので、ちょっとしたものを食べる時に使い捨てのカトラリーを使ってそのまま捨てることができます。

 

 

そして2つ目は、カトラリーの収納場所ではなく食べ物と一緒に収納する、という方法。

 

例えばアイスクリーム用の小さいスプーンとか、使う用途が決まっているものはこの方法がおすすめです。

 

アイスクリーム用の小さいスプーンは冷凍庫で保管しているアイスクリームの上やすぐそばに保管しておきます。

 

そうすれば、アイスを食べようと冷凍庫を開けた時にすぐに目に入るから使い忘れることがありません。

見ればそこにあるのが分かるので、家族にも分かりやすいですよね。

 

 

我が家では最近こんな背の高いゼリーとともに専用の長いスプーンを頂きました。

使い捨てスプーン断捨離1

 

ゼリーを冷蔵庫に入れてスプーンを別の場所に置くと使うのを忘れてしまいます。

 

なのでこんな風に、冷蔵庫にゼリーと一緒に分かりやすく置いておくのです。

 使い捨てスプーン断捨離2



こうしておけば、「このゼリーはこのスプーンを使う」ということが一目瞭然なので、使っていないスプーンが溜まって困るという事もありません。

 

こういう風に収納場所を変えるだけで無駄に溜まってしまうのを防ぐことができます。

 

つい使うのを忘れてしまう、という方は是非お試しあれ!

以上、
使い捨てのスプーンを溜め込まない方法!うっかり溜まるモノは「使う場所に収納」がカギ。【シンプルライフ・断捨離】
でした。

↓こちらから登録すると、このブログの更新のお知らせがLINEに届きます^^