DI_IMG_5788_TP_V



こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

シンプルライフ&ミニマリストに近づくために
服の枚数を減らすべく、
着まわしできるトレンチコートを購入することを
決意した私。

使えるトレンチコートをゲットするまでの
本気のコート選びレポート、第三弾です。


シンプルライフ&ミニマリストに近づきたい!服の枚数を減らすためのコート選び




という訳で、念入りに事前調査をし、
三代目トレンチコート選びツアーに出かけました。


まずはHYKE(ハイク)から。

今シーズンがたまたまそうだったのか分からないけど、
HYKE(ハイク)のトレンチコートは
ベージュがかなり濃い色。

お店で実際に見たとき、正直
「こんなに濃い色だと、着まわしが難しいかも・・・」
と思ってしまいました。

ネットで見た時、こんなに濃くないように見えたんだけどなぁ。

サイズは揃っていたので
とりあえず試着させてもらうと、
着た感じのラインはかなりカッコいい!

なんていうか、本当にシンプルなんだけどスタイリッシュ。
トレンチコート自体に存在感があるのに、
他の洋服とも相性が良くて
とにかくこれ一枚をさらりと着ているだけで
オシャレに見える!

それを狙っての濃い目の色なのかも。

こんなにカッコよくてきれいなトレンチコートが
7万円台というのはお手頃。
HYKE(ハイク)のトレンチは
毎シーズンすぐに完売すると聞くけど、納得ですね。


だがしかし!

私が条件に挙げた
春秋冬着られて服の枚数を減らせる&10年着られる、
となるとちょっとHYKE(ハイク)のは難しいかも。

色が濃いので春にはちょっと重そうだし
(あえて春もこの色、とする人もいそうだけど)
いい意味でオシャレ感が強いので
10年後(=50歳)にもこれを着ている自分が
想像できない・・・。

でも、お値段は魅力的だし
今着るコートとしては気に入ったので
とりあえず一日取り置きをしておいてもらうことにして
いったん保留。


続いて、YOKO CHAN(ヨーコチャン)を見にいってみると、
今年の秋冬にはトレンチコートはない、
ということが判明。

仕方ないのですぐに本命の
Aquascutum(アクアスキュータム)を見にいきました。



Aquascutum(アクアスキュータム)は
バーバリーやマッキントッシュ等と並ぶ
トレンチコートの定番ブランド。

長く着られるデザインと機能性で
いつの時代も人気のブランドです。

Aquascutum(アクアスキュータム)のトレンチが
気になっていた私は
わくわくしながらお店に行きました。

そこでAquascutum(アクアスキュータム)の
ベージュのトレンチを見た第一印象は
「ザ・定番!」という感じ。

言葉は悪いかもしれないけど、
60代ぐらいのお父さんやお母さんが着ている
トレンチコート、というイメージでした。

たぶん、スタイリッシュでおしゃれな
HYKE(ハイク)のトレンチを見た後だったからかも。

いや、見た目だけでは分からん、と試着をしてみたところ
軽いし着心地はとってもいいんだけど、
なんか、思っていたイメージと違ったんですよね。


うーーん。
HYKE(ハイク)を見ちゃったからか?

年をとっても着られるデザインなんだけど、
今の私がこのトレンチを着る必要ないよね?
という感じだったんですよね。

ラインが全体的にゆったりしていて
だぼっとしている感じだし、
なんていうか、縫い目の出方とか全体的な雰囲気が・・・。

店員さんもいろんな着方をさせてくれて
親切にしてくれるんだけど、
いくら定番で長く着られるといっても、
今このコートを13万円で買おうとは思えない。

(※あくまで私個人の感想です!)


高い買い物なので妥協は禁物。

店員さんも「色々ご覧になって検討してみてください」
と言ってくれたし、もうちょっと考えてみよう。

とお店を出ようとした時、
店員さんがAquascutum(アクアスキュータム)には
Aquascutum White(アクアスキュータムホワイト)」という
デザインや型紙を変えてつくっている
別のブランドラインもある、
とそのお店の場所を教えてくれました。

うーん。
別のラインとはいえ、同じAquascutum(アクアスキュータム)なんだから
そっちを見ても同じじゃないかなぁ・・・と思いながらも
せっかくなのでAquascutum White(アクアスキュータムホワイト)も見てみることに。


この時点では
Aquascutum White(アクアスキュータムホワイト)には
全然期待していなかったため(すみません!)、
さっき見たHYKE(ハイク)のトレンチを
買うかどうかで頭がいっぱいでした。

7万円台だったら、10年着れなくても
諦めがつくかも、なんて思いながら・・・。


そして、軽い気持ちでAquascutum White(アクアスキュータムホワイト)
をのぞいてみたところ・・・


ん?

なんか、思っていたより良さそうだぞ?

見た感じの第一印象はけっこう好み!


この続きは、
「【シンプルライフ】服の枚数を絞れるコートを本気で選んでみた
【その4】ミニマリストへの第一歩!」
でどうぞ^^