PPW_retoronapiano_TP_V



こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

家の中をすっきりさせたい!
と頑張る時に持ち上がるのがピアノ問題。

今回は、私もぶち当たった
「シンプルライフにおいてピアノをどうするか問題」
について書いていこうと思います。


シンプルライフの邪魔者?!使わないピアノをどうするか



最近ではそうでもないかもしれませんが、
ピアノは一昔前は女の子の習いごとの定番でした。

ピアノを習うためには、家での練習が不可欠。
そのため、親や子供にピアノを買い与え、
ピアノが家にある家庭は多かったものです。

ですが、ピアノを習っていた子供が
その後もずっとピアノを弾き続けるというケースは
かなり少なく、多くの家庭では
弾かれることのないピアノが
リビングなどに居座っています。

ピアノの上は物置状態になっている家庭も多いでしょう。


そんなピアノを見て、
「このピアノ、もう誰も弾いてない。
このピアノさえなければ、もっとスッキリするのに・・・」
と思ったこと、ありませんか?


私は、声を大にして言いたい。

なら、処分しちゃえばいいよ!


でも、多くの人がピアノを処分しようとは
少しも思わないようです。

それはなぜかというと、ピアノは高価だから。

ピアノは安いものでも数十万しますから、
それを買った時のことを考えると
処分するのが惜しくなってしまうのですね。


でも、使っていないピアノを置いておいても
お金が返ってくる訳ではありません。

むしろ、業者さんに売ればお金になるのです。
(高く買ってもらえるかは別ですが)


使っていないピアノを置いておくメリットは
ほとんどありません。

ですが、置いておくことで
「部屋がスッキリしない」という
大きなデメリットがあるのです。



もう一つ、「将来、誰かが弾くかも」という理由で
とってある人もいるかもしれませんが、
一度ピアノをやめた子供が
またピアノを再開するケースはかなり少ないです。
(ピアノが好きだったけど事情があって、というならともかく)

また、「孫がピアノを習うかも」という希望を持つ人も
いるかもしれませんが、それはその時。

その希望がどうしても捨て切れなければ
お孫さんが小学校を卒業するあたりまでは
様子を見つつとっておいて、
その後処分するのもいいでしょう。


私の場合ですが、小学生の頃にピアノを習い始め、
かなり長く続けていました。

ですが、30代に入って弾く機会が減ったため、
結婚して新居に移るタイミングでピアノを
業者に売って処分しました。

今もたまにピアノを弾くことがあるのですが、
新居はとにかくスッキリさせたい!という
気持ちが強かったので
収納にしまえる小さめの電子ピアノに買い替えました。

仕事部屋収納

こんな感じで、自分の仕事部屋に収納しています。

確かに、ピアノをやめてしまった後
大人になってから「また弾きたい」と
思う事もあるかもしれません。

ですが、将来そう思うかどうかも分からないし、
しかもピアニストを目指す訳でもなく、
趣味として弾くだけのために
大きなピアノを持ち続ける必要は
必ずしもないと私は思います。


高価だったピアノを処分するのは
心苦しい気持ちは分かります。

ですが、それは所詮
「この服全然着てないけど、高かったから捨てられなーい」
と言っているのと同じなのです。


リビングにいて、ピアノが視界に入るたびに
「このピアノ、誰も弾いてないな」
「これがなければスッキリするのに」
と思う気持ちは
わずかずつでもストレスとして心にたまっていきます。

それがなくなれば、確実に
思い描くシンプルライフ&シンプルインテリアに
近づけるはず。

弾かない人が持っているよりも、
弾きたい人の元へ届けられるように
業者に委託して処分する事を
考えてみてはいかがでしょうか。

以上、
「シンプルライフでピアノはどうすべき?
インテリアの邪魔になるピアノ問題を考えてみた」
でした^^