ミニマリスト

ミニマリストの芸能人・有名人まとめ【後編】知るだけで断捨離をやる気になれる意外な面々。

こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

前回から、世界の有名人、著名人、芸能人のミニマリストや
断捨離好き、捨て魔の人を調べてまとめています。

今回も引き続きミニマリストの芸能人・有名人と
その考え方、実践の様子をご紹介しています^^

  ↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ミニマリストの芸能人・有名人まとめ【後編】自分も断捨離する気になれる彼らの考え方・やり方をご紹介。

では引き続き、ミニマリストの芸能人・有名人を
ご紹介していきたいと思います。

・ハンナ・マリー(イギリスの女優)

注目の若手女優、ハンナ・マリーもミニマリスト。
彼女の発言からミニマリストであることが良くわかります。
「黒・白・ネイビー・ベージュを着ているわ。
私が思うエレガントさは、余分なものを取り除くことだから」
「バッグに入っているものだけで長いあいだ生活していたら気づいたの。
持ち物はできるだけ少ない方がいいってことに。
例えば靴は3足持っているんだけれど、それで充分なのよ」

・紀里谷和明(映画監督)

紀里谷氏がミニマリストに目覚めたのは
CDをパソコンに取り込んだことがきっかけだそう。
それでCDを断捨離したら他にもあれもこれもいらないと
捨てる勢いが加速していったんだとか。
いまでは家はワンルーム、車も持たず、旅行の持ち物も少なく
最低限のものしか持たないと決めているそうです。
「持ち物は、服3着に、靴2足。他はいらない」と断言しています。

・高城剛(ライター、クリエイター)

ミニマリズムについての著書も出版されている高城氏。
ある時、消費社会と決別するために
自分の持ち物の99%を処分したそう。
たくさんのモノ、コレクションを所持していたため
処分したモノの量は段ボール1000箱にも及んだとか。

定住場所を決めないノマド的生活を送っているため、
普段使う持ち物は厳選に厳選を重ね、
いつでも移動できるようにパッキングしやすく考えているそうです。

・佐藤可士和(グラフィックデザイナー)

有名デザイナーの佐藤氏は数年前から
外出時には手ぶらを心がけているそうです。
荷物が減れば気持ちも軽くなるという事を
大切にしているんだとか。

・中崎タツヤ(漫画家)

有名かつかなりハイレベルのミニマリスト。
人によっては病的とも言える、
「捨てずにはいられない」思想の持ち主です。
家の中にあるものは机と椅子と、枕だけ。
あとは少しの洋服と漫画を描くためのペン。
ボールペンですら、中身が減ってくると
ボールペンを削って短くしてしまうんだとか。

・堺雅人(俳優)

基本的にモノをすぐ捨てるという堺雅人さん。
独身時代は部屋には何もなかったそうです。

郵便物や本は一定量を超えたら
いるものをチェックして捨て、
ボールペンは1本だけしか持たず、
洋服や出演作品の台本もどんどん捨てていたとか。
あまりにサクサク捨てていたため、
ある時重要な書類を捨てて困ったこともあったほどだそう。

2017.1.18追記
・北川景子(俳優)
↓詳細はこちらの記事をどうぞ。
北川景子にミニマリストの片鱗が。私服は10着&こまめに処分。

以上、
ミニマリストの芸能人・有名人まとめ【後編】
知るだけで断捨離をやる気になれる意外な面々。

でした。


↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン