未分類

私のニキビ肌はこうして改善した!【その1】ニキビ顔から脱出するまでの経緯を書いてみた。【シンプル美容】

こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

今では改善しましたが、20代の頃の私はひどいニキビ肌でした。
本当に悩んで悩んで、悩みまくって、だんだんとシンプルケアに
移行したことによってニキビ肌も改善してきました。

今回から3回にわたって、私のニキビ肌が改善した経緯を
書いてみたいと思います。
少しでもニキビ肌に苦しむ方の参考になれば嬉しいです。

  ↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。 完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^ ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

私のニキビ肌が改善するまで【その1】最初は化粧品で悪循環の日々。



ニキビって、本当にいやなものです。
一つできてしまうだけで、お肌がだいなしに思えるし、人は気にしてなくても、
自分ではずーーっとそのニキビが気になってしかたない。

一つでもこんなに気になるのに、たくさん、しかも常にできていたら
コンプレックスのカタマリみたいになってしまいます。

今の私は、特に大きな肌トラブルはないですが(少し敏感なのを除いて)、
昔はニキビに悩まされて、本当にゆううつな毎日を送っていた時期がありました。

10代は全くニキビや肌トラブルがなく、気楽なものでした。
むしろ「肌がキレイ」と言われる事が多かったので
自分は肌トラブルとは無縁だと思っていました。

でも、20代になってサービス業のアルバイトをはじめた頃、
顔全体にニキビがたくさんでき始めて、
それが治らずに常にできるようになってしまったんです。
それまでキレイな肌だっただけに、本当に本当にイヤでした。

バイト先の先輩に「肌、大丈夫?」「昨日チョコレート食べすぎたの?」とか言われると
そんな自分がイヤで恥ずかしくて、逃げ出したくなりました。
(こういうのって、自分で痛いほど分かっているから、わざわざ言わないで欲しい!)

よく某ニキビ肌用化粧品メーカーのCMで
「ニキビのせいで外に出るのがゆううつだった」 とか
「ニキビがなおって自分に自信が持てました!」 とか
体験談を語ったりしてますよね。
あれって、本当にその通りなんです!

慢性的なニキビ肌に悩まされている人はほとんど、
強いコンプレックスを持っていると思います。
ニキビに悩んだことのない人からみれば、
「ニキビくらいで大げさな・・・」と思うかもしれません。

でも、鏡にうつった自分の肌を見たときや、人にニキビのことを言われたとき、
キレイな肌の人を見かけたとき、自己嫌悪でつらくてつらくて、
泣き出したくなるくらいでした。

「ニキビがひどいって思われてるんだろうな」
「またニキビのことを言われるのではないか」と思うと、
人に会うのが怖かったし、
友達と会っていてもニキビが気になって楽しめないんです。

私はそれまで、肌トラブルで困ったことがなかったので
肌についての知識も何もなく、原因も思い当たらなくて途方にくれました。

そして雑誌や広告におどらされ、「化粧品を変えなければ!」と考えました。
ここから私の迷走がはじまりました。

まず、基礎化粧品。

それまではさっぱり系が好きだったので、
ドラッグストアで売っているような
マイナーなメーカーのさっぱりタイプの安い化粧水を使っていましたが、
それをニキビ肌用のものに色々変えてみました。
(今思えば、基礎化粧品やファンデーションを使い始めたことが
ニキビ肌の原因として大きかったかも)

まずは、オリジズ。
さっぱりしていて、香りもいかにも効きそうな皮脂を抑えるニキビ肌用タイプ。
デパートのオリジンズのコーナーで少しだけテスターを試して、
香りとさっぱりした使用感を確認して、購入。

でも、その日の夜に使ってみたら、しみるんです。
しみるし、痛いし、普通に使うのもけっこうツラい。

だけど、私にとってデパートで買ったオリジズの化粧品は高級品。
香りもすごく好きだったので、ガマンして使っていました(バカです)。

しばらくそれを使っていても、ニキビはまったく改善しませんでした。
そしてニキビのひどさを見かねた両親に
「皮膚科にいけ!」と言われたので行ってみたんです。

そして診察してもらった時、
先生に「基礎化粧品は何を使っている?」ときかれて、
「オリジズのニキビにいいヤツ」と答えました。

先生は「ふーん」という感じだったので、
「ニキビ用だったら大丈夫ですよね?肌にいいですよね?少ししみますけど・・・」と言うと
「しみる化粧品なんてダメにきまってるでしょ!」 
ときっぱり言われて、すごくショックでした。

それでも、私にとって高かったのと、
ブランドのオシャレ感と、好きな香りだったという理由で
最後まで少しずつ頑張って使いました。

同時に、皮膚科で処方された塗り薬などを使いましたが、
肌の状態が改善しないので、化粧品ジプシーが続きました。
(化粧品やめて薬だけ使えば良くなったはずですよね・・・)

その後に欲しかったのはクララン

今はどうだかわかりませんが、
その頃のクラランは一人一人の肌にあわせるために
化粧水や乳液など、それぞれ5、6種類ずつくらい出していて
「あなたの肌なら化粧水はコレ」という風に個人個人で組み合わせを提案していました。

それがとても良さそうで、期待できる感じだったので
勇気を出してデパートのクラランの売り場に行きました。

だけど色々テスターで試してみても、よく分からない・・・。
そのうち、美容部員さんがいろいろ聞いて、提案してくれて、サンプルもくれました。

最後に美容部員さんが言った、
「肌の生まれ変わりを促進していくので、途中で悪いものが出て行くときに
一時的にニキビが悪くなるかもしれませんが、使い続ければ良くなっていきます。」

この言葉にびっくりしたんです。

キレイになるためには、悪いものを肌から出さなきゃいけないのか・・・。

今考えればもっともなんですが、その頃はとにかく無知でした。
そして、ワクワクしながらサンプルを数日使ってみました。

特別、改善もしないけど、悪くなる気配もない。
ニキビが悪くならないってことは、
生まれ変わりが促進されてないってこと?と思いました。

肌の生まれ変わりは約28日周期なので数日では変化がないのは当然ですが
この頃は何も知らなかったので、
数日のサンプル使用で結果が出ないのは効かない化粧品、だと思っていました。

結局、代謝が促進されないし、
ニキビもすぐ改善しないなら使う意味がないと思って購入はしませんでした。

もう少し試したい気持ちはあったのですが、
その頃の私にとっては高価な化粧品だったので
合わない時のことを考えると、簡単に買うことはできませんでした。

その後もいろんなメーカーでサンプルをもらったりして試しましたが、
効果がありそうなもの程、高かったのでとても手が出せませんでした。

その頃は
「高い化粧品は良い成分が入っているから、いい化粧品。
もっとお金があれば、いい化粧品を買ってすぐにニキビが治せるのに。」
といつも思っていました。

そして、さらにコンプレックスが大きくなっていきました。

この続きは次回の記事でどうぞ^^

以上、
私のニキビ肌はこうして改善した!【その1】ニキビ顔から脱出するまでの経緯を書いてみた。【シンプル美容】
でした。


↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン