未分類

「寝るとき足が冷える」ときの対策をご紹介。体質改善と温めグッズを活用しよう。【シンプルライフで健康に】

こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

冬場は寝るときに足が冷える、という人も多いのでは。
私もそういう事が多いのですが対策をしっかりしているせいか
足が冷えるせいで眠れない、ということはなくなりました。

そこで今回は、「寝るとき足が冷える!」という人のために
私が実際に行っている対策法をご紹介します。

どれもシンプルで、健康になれる対策法なので
できるものから試してみてくださいね^^

  ↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。 完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^ ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

「寝るとき足が冷える!」と嘆く貴方に。効果的な対策をご紹介。【シンプルライフで健康に】



では早速、寝るとき足が冷えるという方向けの
対策法をご紹介していきたいと思います。

・靴下をはいて寝る

「寝るときに靴下をはいて寝るのは良くない」という人もいるようですが
きちんと足の汗を吸収してくれる靴下であれば冷え対策として有効です。
私が実践している冷えとり健康法の靴下であれば
肌に触れる部分はシルク&五本指なので汗をしっかり吸い取ってくれます。

注意点としては、一晩履いて汗で濡れた靴下を履き続けると
足が冷えてしまうのでできるだけこまめに換えるのがおすすめです。

・湯たんぽを使う

上の靴下と合わせておすすめしたいのが湯たんぽ。
湯たんぽに裸足だとかなり熱くなってしまいますが、
靴下をはいて湯たんぽを使えば適温で気持ち良く寝られます。

もちろん、裸足で湯たんぽでもとても温かいので単独でも使って欲しいです。
劇的に足が温かくなってよく眠れます^^

湯たんぽにも色んなタイプがありますが、
保温時間の長さで考えるなら陶器のものがおすすめ。
ですが、手軽さを考えるなら金属製のものやプラスチックもいいかも。
さらには、電子レンジで温めるタイプもあるので面倒くさがりの人にはいいですね。

・お風呂でしっかり温まってからすぐに布団に入る

シンプルな方法ですがこれも有効です。
お風呂では湯船にも入ってしっかり温まりましょう。
湯船のお湯の温度は40度以下にして長い時間入る方が
身体が芯まで温まります(できるだけ20分以上入りましょう)。
そして、お風呂から出てすぐにお布団に入れば足は温かいまま。
足が冷えやすい人は遅めにお風呂に入る方がいいですね。

・寝る前に足湯をする

寝る前にお風呂に入れない人は、せめて足湯をするだけでも違います。
足湯は大きめの洗面器に熱めのお湯をはって、そこに足をつけるだけ。
これも長時間やる方が効果的なのでそばに沸かしたお湯を入れたヤカンを置き、
洗面器のお湯が冷めてきたらヤカンのお湯を足すようにするといいです。
この場合も、足湯が終わったらすぐにお布団に入りましょう。

・足裏のツボを刺激する

足の裏には無数のツボがありますが、
足裏全体を指やゴルフボールなどで刺激してあげるだけで
血行が促進され、足の冷えが軽減します。
お風呂に入っている間に指で押してもいいですし、
椅子などに座ってテレビを観ながらゴルフボールを
足裏で転がすだけでもかなり効果があります。

・レッグウォーマーをはく

これは最初に書いた靴下と一緒にするのがおすすめ。
足を温めるだけではなく、足首も温めることで
より足先の冷えを防止することができます。
寝る時にも履いている方がいいので、
ある程度厚手のものの方が扱いやすくておすすめです。

以上、
「寝るとき足が冷える」ときの対策をご紹介。体質改善と温めグッズを活用しよう。【シンプルライフで健康に】
でした。


↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン