少食&断食

甲田式食事療法をゆるく実践中【後編】半日断食と合わせてマイペースに。【シンプルライフで健康に】

こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

少し前から、私が今でも半日断食とともにゆるく実践を続けている
甲田式食事療法をご紹介しています^^
(前編はこちら→甲田式食事療法をゆるく実践中【前編】

  ↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。 完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^ ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

半日断食と共に実践すれば美容と健康に効果あり!甲田式食事療法【シンプルライフで健康に】



前編では、甲田式食事療法を行うメリットについて書きました。
(前編はこちら→甲田式食事療法をゆるく実践中【前編】

今回はいよいよ、実際のやり方と食べるメニューについて
ご紹介しようと思います。

※ここで紹介しているやり方やメニューは
難病を治すためのものではないので、病気を治す目的の方は
甲田光雄先生の著書などで正しいやり方をご確認のうえ、
自己責任で行ってください


まず、甲田式食事療法は朝食抜きの一日二食で行います。
半日断食ということです。
効果を出すためにとても大事なポイントなのでご注意ください。

では食事の内容ですが、基本の材料(一食分)は以下の通りです。

葉野菜(最低5種類)250g
大根 120g
人参 100g
山芋 30g
塩  5g
リンゴ 半分
玄米 2分の1合(水に一晩以上漬けて発芽させる、又は市販の発芽玄米)

これらは全て生の状態で食べます。

葉野菜はミキサーなどにかけて、ドロドロになったものを食べます。
私はリンゴを入れて、グリーンスムージーにして飲んでいます。
大根や山芋は適当に切って、塩をつけてポリポリ食べています。
基本はすりおろして食べるそうですが、よく噛めばそのままでも大丈夫そうです。

玄米は、乾燥した状態のものをそのままポリポリ食べてもいいのですが、
食べるのにけっこう時間がかかります。
なので、私は実家にいる頃はバーミックスで細かくして食べていました。

私の場合は、病気の治療が目的ではないので、ゆるくやっていて、
玄米を食べるときに、小さじ1くらいの生ハチミツと一緒に食べていました。
(現在は生菜食メニューの際は玄米を食べていません・・・お腹いっぱいになりすぎるので)

甲田式食事療法では少量の生ハチミツは許されています。
ただし、加熱処理していない生ハチミツにする事が大切です。

そして、この分量でももの足りないという人は、
玄米を100gに増やし、さらに豆腐100gを加えることもできますし、
病気でなければお醤油も少々使っていいそうです。

私はかなりゆるくやっているので、醤油とかゴマ油とか
かなり足しています^^;

「甲田式食事療法」なんて聞くと、
厳格で辛いものを想像してしまいますが、
ローフードに慣れていた私にとっては、そんなに辛いことではありません。
グリーンスムージーと野菜スティック、生玄米粉に冷奴、って事ですよね。

上に書いた通りの量を食べるのは結構大変です。
炊いたご飯などがないと、お腹が減ってしまうのでは・・・と思われがちですが
生玄米粉を食べていればそうでもないですし、
お豆腐が加わったらかなりのボリュームです。

もしも、基本の分量を食べきれないのであれば、
玄米や根菜類を減らしたりしても良いらしいですが、
葉野菜は減らさない方が効果が出やすいです。

葉野菜をミキサーにかけて食べるのが辛い人は、
私のようにリンゴを入れたり、リンゴの量を少しは増やしてもいいそうです。
病気持ちという事でなければ、意外と融通をきかせられます。

ただ、融通をきかせすぎて間食してしまったり、
オヤツを食べたりなんてことをずるずるとしてしまうと効果が望めないので、
効果を出したい人はストレスにならない程度に
できるだけ忠実にやる事をおすすめします。
(私はこの点がゆるい・・・汗)

甲田式食事療法の良いところは、途中で外食することになった時や
ジャンクなものを食べたい欲望に負けて食べてしまった場合でも
健康面でのリバウンドがない事です。
(本当の断食をする場合、中断して普通の食事に戻すのに注意が必要)

もし食べてしまったとしても、また次の食事から元に戻せば
脱線は最低限でくいとめられますので、ヤケになったりせずに、
また地道に再開しましょう。
(自分に言い聞かせてます)

ただし、いつ戻っても大丈夫、と思って外食やジャンクなものばかり食べていると
この健康法に戻っても、効果が出るのに時間がかかってしまうので
出来るだけこの食事をベースにするといいと思います。

かくいう私も、平日はサラダやグリーンスムージーを中心に
できるだけ甲田式のメニューに近づけるようにしていますが
おせんべいやスナック菓子をつまんだりすることもあり、
きちんとできていないのが現状です。

この食事法で病気を治そうとする人にとっては、脱線もズルもできずに
この食事だけを長期間続ける事が必要なため、厳しい食生活になると思います。

ですが、健康な人はこの食事法を少しずつでもとり入れることで、
今までよりも身体がいい方向へ改善していくはずですので、
だまされたと思って一部だけでもやってみてください。

私が数年前に、厳格に一週間実践した時は、
実家にいて外食の予定もない期間だったので、上に書いた通りに、かなり忠実にやりました。
初めてから二日目くらいまでは、他のものを食べたい気持ちもあったし
毒素が排出されていたせいか、少し頭痛や倦怠感がありました。

でも、それを過ぎると空腹感もないし、カラダもアタマもスッキリしていい感じでした。
カラダもほっそりしましたし、何より肌がすごくなめらかになったんです!
それまでの自分と違う肌に、びっくりしてしまいました。

肝心の宿便は出たかどうか・・・よく分かりませんでした。
どれが宿便か自分では判断できなかったので。
でも、明らかに今までと違うモノが大量に出るようになったので、少しは出たのかもしれません。
すごく気分が良かったです(笑)。

その時の記録が残っているので、甲田式食事療法を
しっかりやった一週間の話は、おいおいここでも書こうと思います。

こういう食事法を短期間でもやってみると、普段、普通に食べている肉や魚、
加熱したものなどの食事をとる事の意味や、食べ物のありがたさを考える機会になります。

私も昔は、肉を食べないなんて絶対無理、とか、
食事には白いご飯が必要、とか思っていましたが、
それは、今まで行ってきた単なる習慣であって「絶対」な事ではないんだな、と今では思います。
昔から食べているからこれが正しい、という訳では必ずしもないんですね。

生の野菜の力をかりて、健康に美しくなれる事を考えると、
野菜の力って本当にすごいです。

体調を崩しがちな人も、より健康に美しくなりたい人も、
甲田式食事療法、是非試してみてください。

以上、
甲田式食事療法をゆるく実践中【後編】半日断食と合わせてマイペースに。【シンプルライフで健康に】
でした。


↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン