未分類

鼻うがいのやり方を解説。鼻の奥を洗浄する痛くない方法まとめ!【簡単鼻うがい】

こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

絶賛風邪っぴき中の私。
頭痛と鼻水がつらくて仕方ないのですが、
毎回鼻うがいで鼻の奥を洗浄すると
スッキリして治りも早いんです。

そこで今回は、痛いと敬遠されがちな
鼻うがいのやり方をご紹介します!
この方法なら、簡単で痛くないですよ^^



  ↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。 完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^ ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

鼻うがいのやり方、鼻の奥を洗浄する簡単&痛くない方法はコレ

「鼻うがい」というのは
普通の口に水をふくんで行ううがいとは違い、
鼻から水を入れて鼻の奥を洗浄することを言います。

鼻水がつらい、鼻の奥がドロドロしていてつらい、
という時に行えばかなりスッキリするので
私は少しでも違和感を感じたら
やるようにしています。

ですが、こんなに素晴らしい鼻うがいなのに、
意外とやっている人が少ないよう。

それはなぜかというと、
「鼻の中に水を入れると痛そうだから」
というイメージを持っている人が多いからです。

そう、プールなどで鼻に水が入った時に
痛くなった、あの思い出があるからですね。

ですが、安心してください!

鼻うがいは正しいポイントをおさえて行えば、
全く痛いことはありません!

という訳で、専用の器具も必要なく、
簡単に行える鼻うがいのやり方をご紹介していきます。

【用意するもの】

・塩
・ぬるま湯
・コップ
・タオル

【やり方】

1)行う場所は洗面台やお風呂など、
水がこぼれてもいい場所を選ぶ。

2)コップに塩を入れ、ぬるま湯を入れてよく溶かす。

この時、塩の量が少なすぎると洗浄時に痛くなるため、
塩水を舐めてみてはっきり塩の味がするぐらい入れる。

3)片方の鼻の穴をおさえ、もう片方の鼻の穴にコップを近づけ、
鼻の穴からコップに入った塩水を吸い上げる。
この時、鼻の穴を塩水に隙間なく浸してから吸い上げると痛くならない。

4)鼻の奥まで届くようにしっかりと塩水を吸ってから、
また鼻から塩水を出す。
又は、口から出してもOK。
(口から出す方が鼻の奥がスッキリしやすい)

5)もう片方の鼻の穴でも同じことを行い、
交互に数回繰りかえす。

6)ここまで行ったら、鼻の奥のドロドロが
出やすくなっているはずなので
塩水を吐ききってから鼻をかむ。
(塩水が残っている状態だと耳に水がいってしまう)

7)タオルで鼻から口を拭いて終了。

いかがでしょうか?


この鼻うがいのやり方なら、とっても簡単ですよね?

洗浄する際に痛くならないようにするポイントは

・塩水を薄くしない
・温かい水で塩水をつくる
・塩水を吸う時に、鼻の穴を完全に塩水に浸してから吸う(空気と一緒に吸わない)

の3つだけ!

これさえ守れば、痛くなく、スッキリと簡単に
鼻の奥まで洗浄できます。

鼻の奥の鼻水がなかなか出てこない、
という時はぬるま湯の温度を高めにすると
洗浄力があがってかなりスッキリしますよ^^
(高すぎると粘膜を痛めるので必ず
温度を確認してから行ってください)

以上、
「鼻うがいのやり方を解説。
鼻の奥を洗浄する痛くない方法まとめ!【簡単鼻うがい】」
でした!


↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン