楽器を売る(買取)

ファゴット(バスーン)を高く売るコツを公開!相場とおすすめ買取業者もご紹介。【楽器買取】

自宅に吹いていないファゴット(バスーン)があるなら、できるだけ早く売るのがおすすめ!

なぜなら、楽器は高額で売れることが多く、買取業者も複数いて簡単に売れるからです。

ただ、査定価格を上げるコツを知っているといないとでは、ファゴットを売る時の価格が大きく変わってくるため、コツはおさえておきたいところ。

そして正しく査定してくれる、信頼できる業者に売ることが一番重要となってきます。

という訳で今回は、ファゴットを売る際の基礎知識や買取価格の相場から、高く売るための5つのコツ、さらにはおすすめのファゴット買取業者なで、高く売るために必要な情報をすべてまとめました。

高く売るためには早く査定してもらった方がいいので、是非いますぐにでも査定を申し込みましょう!

※ファゴットの買取ならここがおすすめ!まずは無料で査定依頼!

→完全無料で査定&買取!楽器買取専門店「楽器の買取屋さん」

目次
  1. ファゴット(バスーン)は現在も高額で売れやすい
  2. ファゴット(バスーン)の定番メーカー・モデルの買取相場
  3. ファゴット(バスーン)を売る方法とその流れ
  4. ファゴット(バスーン)を売る際によくある質問
  5. 楽器専門買取業者に実際にファゴットを売った人の体験談・レビュー
  6. ファゴット(バスーン)を高く売るための5つのコツ
  7. 高価買取を実現!おすすめの楽器買取業者3選

ファゴット(バスーン)は現在も高額で売れやすい

ファゴットは「バスーン」とも呼ばれます。

ファゴットはドイツ語でバスーンは英語という違いがあるだけで、全く同じ楽器です。

ちなみに、いま出回っているファゴットはほとんどドイツ式のファゴットで、珍しいフランス式のファゴットは日本では「バソン」という風に呼び方を少し変えて区別しているそうです。

この記事では一般的なファゴットの買取について解説していきますので、ここからは基本は「ファゴット」という表記にし、特別にフランス式のものを指す場合にのみ「バソン」と表記することにします。

本題に入りましょう。

この記事にたどり着いて読んでくださっているという事は、あなたは使っていないファゴットを持っているはず。

他の楽器に比べてファゴット演奏者の割合は少なめなので、売れるファゴットを持っているのはかなり貴重な存在です!

ファゴットを演奏しはじめるきっかけは色々あると思いますが、

吹奏楽で吹くことになった
オケや室内楽で吹くことになった
遺品整理をしていたらファゴットが出てきた

あたりがよくあるパターンでしょう。

ファゴットは楽器としては高価な部類に入ります。

そのためファゴットを持っている人も演奏する人も少なく、多くの学校の吹奏楽部ではファゴットをなしで済ませてしまっているんだとか。

ここまでを読むと「ファゴットをやる人がいないなら売りにくいんじゃない?」と心配になるかもしれませんが、実際は逆で売りやすいです!

ファゴットを新品で買うとかなりの値段になりますから、ファゴットを始めたい人は中古のファゴットを欲しがります。

中古のファゴットだとしても元が高い楽器ですから、買い取った業者も高く売ることができます。

そのため、業者はファゴットを買い取りたいと考えているし、高額買取の可能性も高くなっているという訳なんです(^^)

なので演奏されていないファゴットが自宅にあるなら放置しておくのはもったいない!
売ればお金になるし収納スペースも気持ちもスッキリしますから、すぐに買取に出すことをおすすめします!

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ファゴット(バスーン)を売るのはとても簡単!

「楽器を売るなんて手間がかかりそう…」と心配になった人もいるかもしれません。

ですが実際はとても手軽に、家にいながら楽々と楽器を売ることができるんです!

ファゴットを売る手順と、ファゴットを高く売れるおすすめの買取業者についてはは後半でご紹介していきたいと思います(^^)

そして、せっかく売るんですから1円でも高く売りたいですよね。

高く売るコツをおさえて実践すれば高価買取の可能性が高まりますから、そのコツも後半で解説していきますね♪♪

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ファゴット(バスーン)の定番メーカー・モデルの買取相場

ファゴットを売るとなると、先に知っておきたいのが「いくらで売れるか?」という事ですよね。

ファゴットを製造・販売しているメーカーはいくつかあり、メーカー・モデルによって買取価格は異なります。

定番メーカー・モデル別の買取相場を調べてまとめてみたので、目安程度に参考にしてみてください。

YAMAHA(ヤマハ)の買取価格相場

YFG812 300000円
YFG811 320000円
YFG411 200000円
YFG812C 388000円
YFG811C 370000円

MOLLENHAUER(モーレンハウエル)の買取価格相場

プロフェッショナルモデル 430000円
スタンダードモデル 350000円

BERND MOOSMANN(ベルント・モースマン)の買取価格相場

448 250000円
442 150000円
444 150000円
447A 168000円
447ASC 210000円
45SC 400000円

WOLF(ヴォルフ)の買取価格相場

スタンダード 270000円
FM 108000円
F12 80000円

PUCHNER(ピュヒナー)の買取価格相場

22 290000円
23 380000円
24 355000円
スタートNP 180000円

FOX(フォックス)の買取価格相場

M007S 198000円
M004L 180000円
M0012L 168000円
M0015L 165000円
M0014L 128000円
M005S 280000円
M005L 240000円

SCHREIBER(シュライバー)の買取価格相場

WS5216-2-0 (5011) 135000円
WS5231-2-0(5031) 245000円

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

SONORA(ソノーラ)の買取価格相場

1357SP 138000円

SELMER(セルマー)の買取価格相場

ファゴット 70000円

MIRAFONE(ミラフォン)の買取価格相場

ファゴット 76000円

AMATI(アマティ)の買取価格相場

ABN41 78000円

MONNIG(メーニッヒ)の買取価格相場

ファゴット 65000円

TAKEDA BASSOON(タケダ・バスーン)の買取価格相場

Bambino 75000円

ほかにも買取できる可能性があるメーカー

Wenzel Schreiber(シュライバー)
Heckle(ヘッケル)
Walter(ヴァルター)
S.Leitzinger(ライツィンガー)
Oscar Adler(オスカー・アドラー)

※記載のないメーカーでも買取できる可能性がありますから、まずは査定してもらうのがおすすめです

一般的なファゴットの買取価格の相場はこのようになっていますが、あくまでもこれらは目安です。

査定価格は査定のタイミングや楽器の状態に左右されますから、正確な買取価格を知るためには実際に査定してもらうのが一番。

ちゃんとした業者なら無料で即査定してくれますから、気軽に依頼して大丈夫ですよ(^^)

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ファゴット(バスーン)を売る方法とその流れ

ファゴットを売るなら、楽器買取の専門業者に売るのが一番いいです。

楽器の知識を持ったプロが査定するため買取価格も高くなりやすいし、査定の申込みから買取(返却)までがスピーディで楽チンだから。

ここからは、初めて楽器を売る人のためにファゴットを楽器買取業者に売る場合の手順をご紹介していきます。

※業者によっては記載している内容と手順が異なる場合があります

楽器を売る場合、

業者が自宅を訪問して査定する出張買取
宅配便で楽器を業者に送って査定する宅配買取

の2種類の査定方法が一般的です。

ほとんどの楽器買取業者が両方に対応していますから、売りたいファゴットをまず業者に見せて査定してもらいます。

その上でいくらで買取できるか判断してもらい、その価格でOKなら売る、という流れになります。

なので、ファゴットを売りたいならまずは楽器専門の買取業者に査定を申し込みましょう。

→おすすめの楽器専門買取業者ランキングはこちら

(査定価格に納得できない場合は買取を断ることもできるので安心してください。もちろん査定料などの費用はかかりません!)

ファゴット(バスーン)は出張・宅配のどちらもおすすめ

ファゴットは分解してコンパクトにできるので、出張買取・宅配買取の両方ともおすすめです。

自分で梱包するのが面倒
輸送中の破損・紛失が心配
楽器の数が多い

というような場合は自宅まで来てもらえる出張買取がおすすめです。

自宅ですぐに査定してもらえ、買取が成立したらその場で現金で支払ってもらうこともできます♪

出張買取エリア外に住んでいるという人には宅配買取が便利です。

宅配買取は箱に詰めて送るだけで査定・買取が可能です。

自分で梱包材を用意するのが面倒なら、宅配キットを無料でくれる業者を選ぶといいですよ(^^)

ほとんどの方がファゴットと一緒にケースも持っていると思うので、専用ケースに入れた状態で、その外側を緩衝材で保護し、箱に詰めるといいでしょう。

ファゴットのパーツがケース内で動いてしまうような場合は、各パーツにも緩衝材を巻いてケース内で動かないようにしておくと安心です。

業者に送る際は着払いにできるので送料はかかりません。

査定後に提示された金額に納得できない場合は、売らずにファゴットを返してもらうこともできます。

その場合でも査定料はかからず、商品を返送する際の送料も無料なので助かります♪

無事に買取成立になれば、数日以内に銀行振り込みで代金を支払ってもらえます(^^)

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ファゴット(バスーン)を売る際によくある質問

記事の前半を読んで、ファゴットを売るやり方や手順はほぼわかったと思います。

ですが、初めて楽器を売るという人は他にも細かい疑問点があるかもしれませんね。

という訳で、ここからはファゴットを売る際によくある質問をまとめたので、目を通してみてください(^^)

Q.傷や汚れがあっても売れる?

A. 汚れや傷があっても売れることが多いですが、査定額は大きく下がると考えられます。

そのため傷は仕方ないにしても、汚れはできるだけ自分で落としておくのがおすすめです。

特にキーやジョイント、ボーカル部分が輝いていると印象が良くなりますから、布で丁寧に磨いて光らせてあげましょう。

Q.すごく古いモデル・マイナーなメーカーでも売れる?

Aファゴットは個体差がある楽器なので、メーカーやモデルのみで楽器そのものの良し悪しを判断することはできません。.

なのでマイナーなメーカーや古いモデルだとしても価値が高いものもあります。

これに関しては業者に見てもらって判断してもらうしかありませんから、古いとかマイナーとかは気にせず、まずは査定に出してみましょう。

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

Q.ファゴット本体しかなくても売れる?

A. 本体しかなくても売れる可能性は高いですが、この場合も査定額が大幅に下がると考えられます。

できるだけ高く売るのなら、最低限買った時についてきた付属品は揃えておくのがおすすめ。

ケース、ボーカル、クロス、スワブ、コルクグリス、バランサー、ドライバー、ストラップ、リードケースあたりが揃っているといいですね。

これら全てが揃っていなくても、演奏をするのに必要なボーカルだけはあった方がいいです。

ただ、付属品が一つもなくても買い取ってもらえる可能性はあるので、どうしても見つからない場合でもとりあえず査定に出してみましょう。

Q.壊れていたり、音が出なくても売れる?

A. 買取った後に修理可能、または修理できなくても部品が取れる、というなら買取できる可能性はあります。

この場合も実物を見て判断してもらわなければ分からないため、まずは査定に出してみましょう。

(ただし、古くてパーツがないなど修理・調整ができないものは買取できない場合もあります)

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

Q.ファゴット以外の楽器も一緒に売れる?

A. もちろん売れます!ファゴットと一緒に査定できますから、まとめて査定に出しちゃいましょう(^^)

※楽器の種類・状態によって買取できない場合もあります

Q.査定した後に売らなくてもいい?

A. 査定価格に満足できない場合は、売らないという選択肢ももちろんアリです。

その場合も査定料、出張料、返送料などの費用はかかりませんから、気軽に査定を申し込めますよ(^^)

※業者によっては返送料が自己負担になる場合があります

Q.ファゴットを売る際に必要なものは?

A. 古物営業法により本人確認をするため、運転免許証・健康保険証・パスポートなどの身分証明書が必要です。

宅配買取の場合は身分証明書のコピーとともに、買取申込書にも用意・記入してファゴットと一緒に送ります。

業者によっては保護者同意書があれば未成年のお客様からの買取をしているところもあるので、その場合は保護者同意書も用意しましょう。

※未成年からの買取を一切していない業者もあります

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

楽器専門買取業者に実際にファゴットを売った人の体験談・レビュー

ここからは、楽器専門買取業者に実際にファゴットを売った人の体験談・レビューをご紹介したいと思います。

男性の口コミ
男性の口コミ
父の遺品を整理していたら、昔吹いていたファゴットが出てきました。

大人になってからアマオケで吹いていましたが、体が弱くなってから吹くのをやめてしまい、父の部屋にしまわれていました。

父が大切にしていたファゴットですが、私たちが持っているよりも演奏してもらった方が父も喜ぶと思い、売却することに。

適当に扱われるは嫌だったので、楽器の価値が分かる専門の業者さんに家まで来てもらって査定をお願いしました。

父は吹けなくなってからも定期的に手入れをしていたようで、「何年も吹いていなかったとは思えないぐらい、とても良い状態ですね。お父様がどれだけ大事にされていたかわかります」と査定の際に言って 頂き、父の気持ちを分かってもらえたみたいで嬉しかったですね。

状態が良かったおかげで思っていたよりも高い査定価格を出してもらえ、気持ちよく売ることができました。

楽器の知識を持っている専門業者だからこそ、楽器の状態と価値を正しく見極めてもらえたんだと思います。

女性の口コミ
女性の口コミ
子供が生まれる前まで吹いていたファゴットですが、育児に追われて時間がなくなり、気づけば別の趣味を始めてもうファゴットは吹かなくてもいいだろう、と思い売ることにしました。

楽器買取業者さんに自宅まで来てもらい見てもらったところ、ファゴットの中ではそこまで高いものではなかったのですが、元が安くはなかったため予想以上に高い値段をつけてもらえました。

こちらとしては処分するよりはお金をもらえた方がいいという気持ちだったので、即決で売ることに。

私のファゴットが中古のお手頃価格になって次に欲しい人のところに行くと思うと、少し良いことをした気分ですね。

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ファゴット(バスーン)を高く売るための5つのコツ

せっかく楽器を売るんですから、できるだけ高く買取してもらいたいと思うのは当然です。

実はファゴットを高く売るためにはコツがあるんです!

ここからは査定価格を上げるための5つのコツをご紹介していきますから、ぜひ試してみてください(^^)

ファゴットをきれいにしておく

査定額を高くするための基本は、ファゴットの状態をできる限り良くしておくこと。

楽器の中はもちろんですが、外見も重要です。

柔らかい布で全体をきれいに拭いてあげましょう。

ファゴットはキーやボーカル、ジョイント部分が金属(メッキ)になっているため、これらの部分が特にきれいに輝いていると良い印象を与えられます。

光るところは特に入念にきれいにしておきましょう。

中身もできるだけきれいにしておくと高額査定につながりやすくなります。

ファゴットは内部に水分やホコリ、汚れがたまりやすい楽器なので、内部もスワブを使って丁寧にお手入れしましょう。

付属品をできるだけつける

これは「よくある質問」のところでも書きましたが、付属品はできる限り多くつけておくことが重要です。

ケース、ボーカル、クロス、スワブ、コルクグリス、バランサー、ドライバー、ストラップ、リードケースなど、買った時についていた付属品はすべてファゴットとセットにして査定に出しましょう。

ただ、付属品がなくても買取できることもありますから、見つからない場合でも査定に出してみるのがおすすめです(^^)

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ファゴットを高く買ってくれる楽器買取専門業者に売る

高額買取のためには業者選びも非常に重要です。

手軽に売れるからと、ブックオ〇系列のような総合リサイクルショップにファゴットを売る人もいるようですが、リサイクルショップでは査定額はまず高くなりません。

なぜならリサイクルショップの査定スタッフはファゴットについて知らないから。

知識のない人ではファゴットのモデルや状態などの判断ができませんから、特別に高額査定になるといった事がないんです。

その点、楽器買取専門業者なら、楽器に精通したスタッフが正しく査定をしますから、高額買取が期待できます。

このように、どの業者に売るかで買取価格は大きく変わってきますから、きちんと運営されている楽器専門の買取業者を選ばないといけません。

複数の買取業者で査定してもらう

ファゴットを高く売るためには業者選びも大切ですが、複数の業者に査定に出すことも同じくらい重要です。

査定スタッフが違うせいか、それとも店舗の在庫のせいなのかはわかりませんが、楽器専門の買取業者の間でも査定価格に差があることがよくあるから。

なので1件に査定に出してすぐ売るのではなく、複数の専門業者に査定に出すのがおすすめです。

きちんとした業者なら手数料無料で査定してもらえますから、いくつかの業者に査定を依頼して査定額を比較し、一番高いところで売りましょう(^^)

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

できるだけ早く査定してもらう

ファゴットを高く売るための最後のコツは、できる限り早く査定してもらうこと。

ファゴットを放置していると外見だけでなく内部でも劣化が進んでしまいます。

そうなると当然楽器としての価値が下がってしまいますから、時間がたてばたつほど査定価格が下がるということにもなりかねません。

なので演奏されていないファゴットがあるなら、できる限り早く専門業者に査定を依頼しましょう。

高価買取を実現!おすすめの楽器買取業者3選

最後におすすめの楽器買取業者をご紹介したいと思います。

どこも楽器に精通したプロが査定をしているため、安心して任せられて査定価格も高いと評判です(^^)

上でも書いたように、査定価格はタイミングや業者によって異なるため、高額買取を狙うなら3つすべての業者に査定に出すのが一番。

もちろん3つとも査定料や手数料などは完全無料ですから、まず見てもらうのがおすすめです!

楽器の買取屋さん


管楽器を売るなら出張買取に強い楽器の買取屋さんがおすすめ!

出張買取なら自分で梱包する必要も運ぶ必要もないので、家で待っているだけでラクラク楽器を売ることができちゃいます(^^)

楽器の買取屋さんでは査定料・出張料などの手数料は完全無料。

しかも出張買取は依頼から最短30分で来てもらえるので、とにかくすべてがスムーズに進むのもおすすめポイント。

あらゆる楽器の知識を持っているスタッフが査定しますが、管楽器の場合は特に管楽器に詳しいプロが査定するため管楽器の高価買取に自信を持っています。

大切な楽器を預けられる、信頼できる楽器専門買取業者です(^^)

\無料査定・問い合わせはこちら/
楽器の買取屋さん公式サイト

奏屋(かなでや)


プロの演奏者に支持されている楽器買取業者である奏屋(かなでや)。

楽器に精通した親切なスタッフばかりであること、またスピーディかつ満足度の高いサービスが人気の理由です。

出張買取・宅配買取のどちらもおすすめですが、宅配買取を検討しているなら奏屋は特におすすめ!

奏屋では先に依頼すれば無料で宅配キットを送ってもらえるので、自分で梱包材を用意しなくていいんです!

楽器は着払いで送れますから配送料も無料です(^^)

その他の出張料・査定料・搬出料など、査定と買取に必要な費用もすべて奏屋が負担してくれますから、いたれり尽くせり。

もちろん楽器の査定や取扱も丁寧なので安心です(^^)

楽器を査定に出すならこちらもおさえておきたい業者です。

\無料査定・問い合わせはこちら/
奏屋公式サイト

タカミツ楽器


こちらも出張買取・宅配買取両方が可能です。

また、出張料・配送料・査定手数料などすべてが無料!

タカミツ楽器ではお客様をガッカリさせないよう、査定前に出された買取金額と実際査定した後に提示する買取金額の差をなくすためにあらゆる努力をしています。

また、できる限り多くのお客様に利用してもらうため、さまざまなケースに柔軟に対応しているので、楽器を売る際に心配な点がある場合には特におすすめ。

もちろん楽器のプロが査定しますから、安心して楽器を預けられますよ(^^)

\無料査定・問い合わせはこちら/
タカミツ楽器公式サイト