捨てる・減らす方法

高かったものほど捨てられない心理とは?こう考えれば捨てられる!

ものを捨てようと頑張ってみても、買った時に高かったものはなかなか捨てられないという人は多いのではないでしょうか。

私も昔はそうだったので、その気持ちはよくわかります。

ですが、高かったものでも今の自分には必要ないと感じたら、それは不用品です。

不用品は処分してしまった方がスッキリするし、生活もしやすくなりますから、是非思い切って処分することをおすすめします。

高かったからという理由だけで使わないものをとっておいた私も、いまでは値段を気にせずに処分できることも増えてきました。

今回は、高かったものほど捨てられないと思ってしまうその心理と、捨てられるようになる考え方について書いていこうと思います。

「高かったものほど捨てられない心理」は実はおかしい

断捨離をする際、迷って結局捨てられないものってけっこう出てきますよね。

捨てられない理由の中でもかない多いのが、「値段が高かったから」というパターン。

捨てようとする時に、誰しも一度はぶち当たった壁でしょう。

私達は当然のように「高かった」という理由でそのモノをとっておきたくなりますが、冷静に考えてみれば、

「高かったから」というのはとっておくべき理由にはなりません。

よく考えれば、「高かったからとっておこう」というのはおかしな話なんです。

とっておいたところで、買ったお金が戻ってくる訳ではありませんからね。

高かったものほど捨てられない心理には二種類ある

ではなぜ、私達は買ったときに値段が高かったもの(または高価なもらいもの)を処分できないのでしょうか。

私なりに分析してみたところ、二つの心理があると考えることができました。

一つ目は、
「また必要になった時に高いお金を出して買うのがもったいない」
という心理。

つまり、将来の自分にそれを買いなおすほどの余裕があるかどうか分からない、という不安があるんですね。

そして二つ目は、
「自分が買うと決めて買ったものが必要なくなってしまった=あの時の自分が間違っていた事を認めたくない。」
という心理です。

高かったものを捨てられない、というところからこの二つの心理まで理由を掘り下げて冷静に考えてみると、

この時点で「どちらもモノをとっておく理由にならないのでは?」となんとなく気づくのではないでしょうか。

まず「とっておくデメリット」に注目する

さらに、この二つの心理を違う考え方に転換することで、高かったものも実際に捨てられるようになります。

まず一つ目の
「また必要になった時に高いお金を出して買うのがもったいない」
という心理に対してはこう考えます。

そうは言っても、それは今の自分にはいらないもの。

自分にとって価値を感じるものなのであれば、「捨てられない」なんて悩むことは一切なく、喜んで手元に置いておくはずです。

「捨てたらそれを買ったお金がもったいない」と言う人もいますが、それを持っていても買ったお金が戻ってくる訳ではありません。

むしろとっておくことで、場所代や維持費などがかかるし、スペースが窮屈になって暮らしにくくなり、ストレスもたまります。

逆に処分してしまえば気分もスペースもスッキリし、逆にメンテナンスのためのお金もかからなくなるため、経済面でも好転していく、というのが本当のところなのです。

次に「状況は日々変わる」と認めれば捨てられる

そして、二つ目の
「自分が買うと決めて買ったものが必要なくなってしまった
=あの時の自分が間違っていた事を認めたくない。」
という心理に対してはこう考えます。

捨てることは間違いではありません。

当時は必要だと思って買った訳だし、時間がたてば当然状況は変わります。

それまでは必要だと思っていたものが、いらなくなってしまうのは自然なことなのです。

その時の自分にあった持ち物で暮らす事が、ストレスのない生活の基本です。

間違っていた訳ではなく、状況や環境が変わっただけだと考え方を変えましょう。

過去の自分を守るためだけに、いらないものに囲まれ続ける生活はおかしいですよね?

一番大切にすべきなのは今の自分です。

今の自分が一番楽に暮らせるように、不用品は処分してしまいましょう。

モノを所有しているのは自分だとしっかり認識しよう

いかがでしたか?

このように考え方を変えれば、高かったものも納得して処分することができます。

「高かったから捨てられない」と多くの人が考えがちですが、それはモノにふりまわされている考え方です。

モノは本来、自分の生活を豊かに楽しくサポートしてくれるために存在します。

ストレスをためながらモノを必死で守り、人間がモノの奴隷状態になっているのはおかしいですよね?

「捨てられない」と考える心理の多くは、モノに振り回されているから。

モノを所有しているのは自分で、モノの主人は自分です。

モノを処分するかどうかは、自分が自由に決めていいんです。

是非、捨てられない心理や原因を考えてみて、捨てられる考え方に転換してみてくださいね(^^)

※捨てる前に売るのもおすすめ!不用品をまとめて送るだけで簡単査定!

→不用品の宅配買取ならBUY王(バイキング)