楽器を売る(買取)

ヴィオラを高く売る5つのコツ!買取価格相場とおすすめ業者もご紹介。【楽器高価買取】

もし弾いていないヴィオラを持っているのなら、1日でも早く売るのがおすすめ。

楽器は高額で売れるケースが多く買取りたい業者も多くいるため、手軽にお金に換えられるからです。

ですが、ヴィオラを高く売るためには査定価格を上げるためのコツを知らないといけません。

さらに何よりも、ちゃんと査定してくれる専門の業者に依頼することが一番重要になってきます。

今回はヴィオラを売る時に知っておきたい、基礎知識、買取価格の相場、高く売るコツ、そしておすすめのヴィオラ買取業者までご紹介していきます。

高額で売るためには1日でも早く査定に出す方がいいですから、これらの情報を頭に入れたらすぐに査定を依頼しましょう!

ヴィオラの買取ならここがおすすめ!まずは無料で査定依頼!

→【完全無料で査定&買取】楽器買取専門店「楽器の買取屋さん」はこちら

ヴィオラはいまも高額で売れやすい

ヴァイオリンやチェロに比べるとヴィオラを弾く人の割合は少ないですが、使わないヴィオラが家にある、という人は案外多いようです。

昔部活でヴィオラを担当していた
昔アマオケでヴィオラを担当していた
新しいヴィオラを買ったので古いヴィオラが不要になった
親の遺品でヴィオラが出てきた

などの理由ですね。

弾いていないヴィオラがあるなら、そのままにしておくのはもったいないです!

なぜなら、ヴィオラは比較的売りやすい楽器だから。

自分でヴィオラを弾きたいと決めてヴィオラを始める人はかなり少ないです。

ヴィオラよりもヴァイオリンやチェロの方が音色に特徴があり広く知られている名曲が多いため、ヴァイオリンやチェロをやりたいと考える人の方が圧倒的に多いからです。

ヴィオラを弾いている人は、部活やアマオケなどでヴィオラ担当になってしまった、といったケースがほとんど。

そのため、ヴィオラを始めても長く続けない可能性が高く、高価なヴィオラを買おうとは考えません。

できるだけ安くヴィオラを手に入れたい、という人が多いため、中古のヴィオラを欲しがる人は多いという訳。

ですから、弾いていないヴィオラを持っているならお金に換えるチャンス!

売ってお金が手に入るだけでなく、収納スペースも気持ちもスッキリしますから、使っていないヴィオラがあるなら買取に出すのがおすすめです!

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ヴィオラを売るのはとても簡単!

「わざわざ売るなんてめんどくさい…」と思った人もいるかもしれません。

ですが今ではとても簡単に楽器を売ることができるんです!

ヴィオラを売る方法と、おすすめの楽器買取業者の情報は引き続きご紹介していきますから、是非参考にしてください(^^)

そして、売るのであれば少しでも高く売りたいところ。

高く売れるコツをおさえることで高値がつきやすくなるので、そちらも後半で解説していきますね♪

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ヴィオラの定番メーカー・モデルの買取相場

一番気になるのが「自分のヴィオラはいくらで売れるのか?」という事だと思います。

ヴィオラのメーカーは複数あり、メーカー・モデルによって買取価格は変わってきます。

ここでは目安として定番メーカー・モデル別の買取相場をご紹介していきますね。

※楽器の状態によって買取価格は異なります

EASTMAN(イーストマン)の買取価格相場

Ivan Dunov VA401 買取価格相場 80000円
Otto Benjamin MA-300C 買取価格相場 80000円
VA80 買取価格相場 20000円

Carlo Giordano(カルロ・ジョルダーノ)の買取価格相場

VL-1 買取価格相場 23000円
VL-2 買取価格相場 2000円

YAMAHA(ヤマハ)の買取価格相場

VA5 買取価格相場 60000円

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ほかにも買取できる可能性があるメーカー

Josef Lorenz(ヨゼフ ロレンツ)
Franz Sandner(フランツ・サンドナー)
Klaus Heffler(クラウス・ヘフラー)
Sofia(ソフィア)
GLIGA(グリガ)
Heinrich Gill(ハインリッヒ・ギル)
STENTOR(ステンター)
Nicolo Santi(ニコロ・サンティ)
GEWA(ゲバ)
Pygmarius(ピグマリウス)
Harald Lorenz (ハラルド・ロレンツ)
Ferenc Bela Vaci(フェレンツベラバーツィ)
Henri Delille ( アンリ・デリル )
Carola Hendel(カローラ・ヘンデル)
Lothar Semmlinger(ローター・ゼムリンガー)
RUDOLPH FIEDLER(ルドルフ・フィドラー)
San Antonio (サン・アントニオ)
Piccolini(ピッコリーニ)
Hensheng(ヘンシェン)
鈴木バイオリン

※記載のないメーカーのヴィオラでも買取できる可能性がありますから、まずは査定してもらうのがおすすめです

ヴィオラの買取価格相場の一例はこのようになっていますが、査定する時期やヴィオラの状態によって査定価格は変わってきます。

なので、正確な買取価格を知るためには査定してもらうのが一番。

きちんとした業者なら無料ですぐ査定してくれますから、気軽に頼んでみましょう(^^)

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ヴィオラを売る方法とその流れ

ヴィオラを売るなら、楽器買取専門業者に売るのが一番。

専門業者なら楽器に精通したプロが査定してくれるので買取価格も高めになりやすく、査定依頼から買取(返却)までがスピーディだから。

ここでは、ヴィオラをきちんとした楽器買取業者に売る時の流れを解説していきますね。

※業者によってはシステムが違う場合があります

楽器を売る場合、

自宅に業者が訪問して査定する出張買取
楽器を業者に送って査定する宅配買取

の2種類の方法が一般的。

どちらかの方法でヴィオラをまず業者に見せて査定してもらい、買取価格を決めてもらうんです。

なので、ヴィオラを売りたいなら、まずは楽器専門買取業者に査定を申し込みましょう。

→おすすめの楽器専門買取業者ランキングはこちら

(査定価格に満足できない場合は買取キャンセルも可能なので安心してください。もちろん査定料などの手数料も無料です!)

ヴィオラは出張買取がおすすめ

ヴィオラは繊細な楽器ですし、サイズが大きなものもあるので出張買取の方がおすすめです。

輸送中に破損しないよう厳重に梱包するのは手間がかかりますからね。

専門の業者なら無料で自宅まで出張査定に来てもらえ、買取が成立すればその場で現金で支払ってもらうこともできます(^^)

出張買取エリア外に住んでいるという人には宅配買取がおすすめです。

宅配買取は箱に詰めて送るだけで査定・買取が可能です。

もちろん箱の中には緩衝材をしっかり入れてヴィオラが箱の中で動かないようにし、運ぶ際に傷つかないようにしてください。

特にデリケートなネック、ペグ、スクロール部分には丁寧に緩衝材を巻き付けましょう。

梱包材を自分で用意するのが面倒という方は、宅配キットを無料で送ってくれる業者を選ぶといいですよ(^^)

発送の際は着払いで送れるので、送料は無料です。

査定価格に満足できなかった場合は、ヴィオラを返送してもらうことができます。

その際、査定料はもちろんのこと、商品を返送する際の送料も無料なのがありがたいですね。

買取成立の場合は、だいたい3営業日以内に買取金額を銀行振り込みで受け取れるようになっています(^^)

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ヴィオラを売る際によくある質問

ここまでを読んで、ヴィオラを売る流れがだいたいわかってきたのではないでしょうか。

ですが、初めて楽器を売るという人はまだ疑問点があるかもしれませんね。

ここからはヴィオラを売る際によく聞かれる質問をまとめたので、是非参考にしてください(^^)

Q.傷や汚れがあっても売れる?

A. 傷や汚れがあっても買取してもらえる可能性はありますが、査定額が下がる原因になってしまいます。

ついてしまった傷はどうしようもないですが、汚れは自分で落とせる限り落としておくと査定額が変わってくる可能性があります。

松脂の粉をやさしく払い落してから、柔らかい布で強くこすらないように拭いてあげましょう。

ヴィオラの表板はデリケートな材質のものが多いため、爪でひっかいたりしないよう注意しましょう。

Q.すごく古いモデル・マイナーなメーカーでも売れる?

A. ヴィオラはヴァイオリンと同じで、基本的には古いものの方が価値が高くなります。

なので古いヴィオラの方が高い査定額がつくかもしれません。

ヴィオラはメーカー、製作者、モデル、状態によって大きく査定額が変わるため、査定に出してみないと買取できるかは分かりません。

まずは査定に出してみるのがおすすめです。

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

Q.ヴィオラ本体しかなくても売れる?

A. 本体しかなくても買い取ってもらえる可能性は高いですが、査定額が大幅に下がると思われます。

特に古いヴィオラの場合、付属品やアクセサリーが手に入らなくなってしまっている事が多く、そうなると価値が低くなってしまいます。

なのでできる限り付属品を探し出し、査定時にヴィオラ本体とセットにしておきましょう。

ハードケースや弓、松脂、肩当てなどがあるといいですね。

Q.壊れていたり、音が出なくても売れる?

A. 買取後に修理できる、または壊れていても部品取りできる価値があるなどの場合、売れる可能性はあります。

この場合も査定してもらわないと分からないので、まずは査定に出してヴィオラをチェックしてもらうのがおすすめです。

(ただし、古いものでパーツがないなど修理・調整ができないものは買取できないこともあります)

Q.ヴィオラ以外の楽器も一緒に売れる?

A. 大歓迎です!ヴィオラと一緒に査定してもらえるので、同時に査定に出しちゃいましょう(^^)

※楽器の種類・状態によっては買取できない場合もあります

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

Q.大切に扱ってもらえる?

A.大事なヴィオラがどう扱われるか気になるのは当然です。

この点は、当サイトで紹介しているようなきちんとした楽器買取専門業者に依頼すれば大丈夫。

楽器に精通したプロが査定して適正な買取価格を出してもらえますから、相場よりも大幅に安く買われるといった事はありません。

もちろん査定時や買取った後も大切に取り扱うので安心ですよ(^^)

Q.査定の後に買取キャンセルできる?

A. 査定で出された金額に満足できない場合は、買取を断ることもできます。

断った場合でも査定料、出張料、返送料などの手数料はかからないので安心です(^^)

※業者によっては返送料がかかる場合があります

Q.ヴィオラを売るために必要なものは何?

A. 古物営業法にもとづき、犯罪防止のために運転免許証・健康保険証・パスポートなどの身分証明書を提示する必要があります。

宅配買取の場合は身分証明書のコピー、そして買取申込書も記入してヴィオラと一緒に両方の書類を送る必要があります。

保護者同意書があれば未成年のお客様からの買取をしている業者もあるので、その場合は保護者同意書も用意しておきましょう。

※未成年からの買取を一切していない業者もあります

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

実際に楽器専門買取業者にヴィオラを売った人の体験談&レビュー

ここからは、実際に楽器専門買取業者にヴィオラを売った人の体験談やレビューをご紹介していきたいと思います。

男性の口コミ
男性の口コミ
昔弾いていましたが、もう弾かなくなったビオラを売ることに。

自分ではもう弾かないですが、当時は大切にしていたので次に大切にしてくれる人に使ってもらいたいと思い、楽器買取専門店に売ることにしました。

やはり専門店のスタッフさんだけあり、知識がしっかりあって大切に扱ってくれるので安心できましたね。

思っていたよりも高額で売れたのでありがたかったです。

女性の口コミ
女性の口コミ
昔祖母にもらったヴィオラが出てきて、もうこれから弾くことはないだろうと思い、買取に出すことにしました。

私は楽器の知識がないのですが、祖母が大切していたものなので、買い叩かれることのないように楽器専門の買取業者を探して査定を依頼しました。

3件ほど出張買取に来てもらい、最終的に一番高い査定価格をつけた業者に売りました。

ネットでおすすめされていた楽器買取業者でしたが、どこも対応が丁寧で好感が持てました。

男性の口コミ
男性の口コミ
現在アマオケでビオラを弾いていて、もう一つランクの高いヴィオラに買い替えたんです。

そうなると古いヴィオラは必要なくなるんで、買取業者に売ることに。

オケの仲間には「楽器を売るなら絶対楽器専門業者にすべき!」と言われていたので、おすすめされたところ全てに査定してもらって比較しました。

どこも査定価格は同じくらいかと思っていましたが、聞いていた通り本当に査定価格がかなり違うため、一番高いところに売りました。

何も知らずに一つの業者にすぐ売っていたら、低い金額で売っていたかもしれません。

また楽器を売ることになったら、その時も複数の業者に査定に来てもらって比較しようと思います。

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ヴィオラを少しでも高く売るための5つのコツ

大切な楽器を売るんですから、できるだけ高く買取ってもらいたいですよね。

意外と知られていませんが、実はヴィオラを高く売るためのコツがあるんです!

ここからは高値で買取してもらうための5つのコツをご紹介していくので、是非実践してみてください(^^)

ヴィオラをきれいにしておく

査定額を高くするためには、まずヴィオラをきれいにするのが一番です。

中古のヴィオラを買う人は当然きれいなヴィオラを欲しがるため、状態が良ければ良いほど売れやすくなるためです。

査定の前に自分でホコリや汚れなどを落としておくだけでも、査定額が上がることもあります。

まず最初に松脂の粉をやさしく払い、その後やわらかい布でボディや指板、テールピース、F字孔周辺などを乾拭きします。

ヴィオラの表板はスプルース(松材)でできていることが多く、柔らかくデリケートな素材のため、爪で傷つけないように注意しましょう。

付属品をできるだけつける

付属品が揃っている方が査定金額が高くなりやすいため、できるだけ探して本体とセットにして査定に出しましょう。

古いヴィオラの場合、付属品の製造が終了していることも多いため、付属品が足りないと査定額が大幅に下がってしまうこともあります。

最初に購入した時にセットになっていたものをすべてつけられればベストです。

ハードケース、弓、松脂、肩当てあたりが揃っているといいですね。

説明書なども保管されているなら、査定申込時にその旨伝えましょう。

とは言え、付属品がなくても買取できることもありますから、付属品が見つからなくても諦めずに、まずは査定で見てもらうのがおすすめです(^^)

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

ヴィオラを高く買ってくれる楽器買取専門業者に売る

これもヴィオラを高く売るためには非常に重要です。

何でも買い取る総合リサイクルショップにヴィオラを売る人も多いですが、リサイクルショップで高く売るのはまず無理です。

なぜならリサイクルショップの査定スタッフにはヴィオラの知識がなく、価値を理解してもらえないから。

その点、楽器専門の買取業者に売れば高額買取の可能性が高くなります。

専門業者なら楽器の知識を持つスタッフが査定しますから、大切なヴィオラにふさわしい査定価格を提示してもらえます。

どこに売るかで買取価格は大きく違ってきますから、きちんと運営されている買取業者を選びましょう。

複数の買取業者に査定してもらう

先ほど「どこに売るかで買取価格は違ってくる」と書きましたが、実はちゃんとした買取業者の間でも査定額が違うことがあります。

持っている在庫の数なのか、それとも査定した人によるのか、なぜかはわかりませんが査定額が大幅に変わることも。

なので、高額買取を狙うなら複数の業者に査定に出しましょう。

きちんとした業者なら手数料なしで無料で査定してもらえますから、複数の業者で査定価格を比較し、一番高いところに売るのがおすすめです(^^)

↓いますぐ楽器専門買取業者をチェックする!↓

できるだけ早く査定してもらう

ヴィオラを高く売るためのコツの最後は、できるだけ早く査定に出すこと。

放置していたヴィオラは見た目だけでなく、見えない部分でも劣化が進んでいる可能性があります。

そうなると演奏しづらくなって楽器としての価値が下がります。

つまり時間がたてばたつほど、査定価格が下がる可能性があるという事になります。

なので弾いていないヴィオラがあるなら、1日でも早く業者に査定してもらいましょう!

高価買取を実現!おすすめの楽器買取業者3選

最後におすすめの楽器買取業者をご紹介したいと思います。

どこも楽器に精通したプロが査定をしているため、安心して任せられて査定価格も高いと評判です(^^)

上でも書いたように、査定価格はタイミングや業者によって異なるため、高額買取を狙うなら3つすべての業者に査定に出すのが一番。

もちろん3つとも査定料や手数料などは完全無料ですから、まず見てもらうのがおすすめです!

楽器の買取屋さん


楽器を売るなら出張買取に強い楽器の買取屋さんがおすすめ!

出張買取なら自分で梱包する必要も運ぶ必要もないので、家で待っているだけでラクラク楽器を売ることができちゃいます(^^)

楽器の買取屋さんでは査定料・出張料などの手数料は完全無料。

しかも出張買取は依頼から最短30分で来てもらえるので、とにかくすべてがスムーズに進むのもおすすめポイント。

楽器好きである楽器のプロが査定するため、楽器の価値を正確に見極めることができ、高価買取を実現しています。

大切な楽器を預けられる、信頼できる楽器専門買取業者です(^^)

\無料査定・問い合わせはこちら/
楽器の買取屋さん公式サイト

奏屋(かなでや)


プロの演奏者に支持されている楽器買取業者である奏屋(かなでや)。

楽器に精通した親切なスタッフばかりであること、またスピーディかつ満足度の高いサービスが人気の理由です。

出張買取・宅配買取のどちらもおすすめですが、宅配買取を検討しているなら奏屋は特におすすめ!

奏屋では先に依頼すれば無料で宅配キットを送ってもらえるので、自分で梱包材を用意しなくていいんです!

楽器は着払いで送れますから配送料も無料です(^^)

その他の出張料・査定料・搬出料など、査定と買取に必要な費用もすべて奏屋が負担してくれますから、いたれり尽くせり。

もちろん楽器の査定や取扱も丁寧なので安心です(^^)

楽器を査定に出すならこちらもおさえておきたい業者です。

\無料査定・問い合わせはこちら/
奏屋公式サイト

タカミツ楽器


こちらも出張買取・宅配買取両方が可能です。

また、出張料・配送料・査定手数料などすべてが無料!

タカミツ楽器ではお客様をガッカリさせないよう、査定前に出された買取金額と実際査定した後に提示する買取金額の差をなくすためにあらゆる努力をしています。

また、できる限り多くのお客様に利用してもらうため、さまざまなケースに柔軟に対応しているので、楽器を売る際に心配な点がある場合には特におすすめ。

もちろん楽器のプロが査定しますから、安心して楽器を預けられますよ(^^)

\無料査定・問い合わせはこちら/
タカミツ楽器公式サイト