未分類

洋服を買う時の基準・実践編その1!妥協しがちな色&丈にこだわると美人&スタイル良く見せられる。【シンプルファッション】

こんにちは。
シンプルライフ&ミニマリストを目指し断捨離を続けている
アラフォー主婦、セリです。

数回に分けて、私が実践している洋服を買う時の基準についてお伝えしています。
(前回の基本編はこちら→洋服を買う時の基準・基本編!自分を魅力的に見せてくれる服だけを選ぼう。

今回から、買い物の際にチェックしたい項目をご紹介する実践編をお送りします。

  ↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。 完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^ ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

洋服を買う時の基準・実践編その1!色、丈にこだわって美人に見せよう!【シンプルファッション】



これまでも自分に似合う、自分をより魅力的にみせてくれる服を選ぶのが大切、とアツく語ってきましたが、実際に服を選ぶ時にどういう部分をチェックするべきか、ここでお伝えしたいと思います。

ですがその前に、基本編の記事でお伝えした洋服を選ぶ条件の一番大切なこと、覚えてますか?
(参考過去記事:洋服を買う時の基準・基本編!


・自分をより魅力的にみせてくれるもの
・スタイルが悪く見えない(スタイル良くみえる)
・着やせする
・サイズが合っている
・肌や髪の色に合う

でしたね。
これらが服を選ぶ一番大きな基準です。

では、どういうポイントに気をつければ、これらをクリアできるのか?
具体的にお伝えしていきます。


・色

好きな色や無難な基本色(黒・白・ベージュ)などをつい選びがちですが、
その選んだ色がその素材にあっているのか、キレイに色が出ているか。
さらに、それを着たときに顔色が良く見えるか、自分の肌色に合っているか。
顔色が寂しい感じや、肌がキレイにみえないものなどは避ける。

さらに、自分に合っている色だと思って、青なら青ばかり買う人がいますが、それは避けたいところ。
ペールブルーやロイヤルブルーなど、一口に青と言ってもさまざまだし、しかも素材やデザインによって色の見え方は違うので必ず試してみるべきです。

それが好きな色や自分の色だと決めていたとしても、自分が映えないならあきらめる。
普段選ばないような色でも、キレイな色だと思えたらそれは素材に合っている色。
試してみると意外と自分に合ったりします。

・パンツ・スカートの丈

パンツやスカートの丈は、全身の印象を左右します。

普通丈のスカートだと特に、その人の脚のかたちによってベストな丈があります。
O脚だったり、脚がぽっちゃり、というようにコンプレックスを持っている女性がほとんどだと思うので、自分で研究してみるといいですね。

私はO脚ぎみなので膝が出るスカートは避けて、膝下より少し長めにします。
脚がぽっちゃり、という人は膝を出した方がスッキリ見えると思います。

パンツ丈も大事です。

どんな丈のパンツにするか、どんな靴を合わせるかによって選ぶべきパンツ丈は変わってきます。

ベーシックな長めのものを選ぶ際は、購入する時には店員さんが調整してくれると思いますので、色々やってもらって、脚がより長く見える丈を探してみてください。

また、最近はくるぶし丈ではくパンツも多いので、どのくらいくるぶしにかかるかもすごく大切です。
パンツのタイプによってどのくらいくるぶしが見えるかが違うので色々と試着してみましょう。
そして、お直しに出せるのであれば、店員さんに協力してもらって丈を上げたり下げたりして脚が長く、細く見えて靴とのバランスが良い丈を探してみましょう。

お直しが面倒だからと何となく「これでいいか」と決めたままの丈で履いていると、野暮ったい印象になってしまうのでもったいないです!

丈が1センチ違うだけで印象もガラリと変わるので、丈はしっかりチェックしてくださいね。

続きの実践編その2はこちら→洋服を買う時の基準・実践編その2!丈や縫製、編み方にこだわってスタイル美人に見せよう!

以上、
洋服を買う時の基準・実践編その1!妥協しがちな色&丈にこだわると美人&スタイル良く見せられる。【シンプルファッション】
でした。


↓私がこれまでに数万円分は換金しているおすすめのポイントサイト。
完全無料でお小遣い稼ぎできて、損することはありません^^

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン